音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

クリスマス

といっても特段クリスマスらしくない連休だった。

土曜日は旦那と、私の友達と一緒に、旦那の友達のレコ発ライブに行った。
そのライブには私の知り合いのバンドが2つ出ていて、特にそのうち1つは私が好きなドラマーのいるバンドだったのに、渋滞でどちらも見ることができなかった。
車で行ったのがバカだったけど、銀座のど真ん中で渋滞にはまっているとき、「クリスマスなんてほんとやめてほしいっ」と半分妬みの悪態をついてしまった。

クリスマスに男の人がジュエリーショップをうろうろしてるのもちょっとむかつく。

なぜでしょー??

回答:
私の旦那は「クリスマスに恋人と過ごすなんて風潮に迎合するなんてバカだ」みたいな若者だったので、若い頃、まったくそういうものとは無縁だった。

自分としては、何かにかこつけて楽しく過ごすのは好きなので、そういうのもいいと思っているのに、11月くらいから、「そういう人ってバカだと思わない?」といってけん制するので、かえって、クリスマスをとりたてて意識することになるし、やさぐれていた。

クリスマスといえば、友達と川崎の「北海道」(わざわざそういうところを選ぶのもポイント)で飲んだりしてたなぁ。
もちろんバレンタインもそんなかんじ。
だからさ、私は恋人とロマンティック・・・でありたい人なんだけど、(きっと本当は)ずっとそういう気持ちを殺してきたので、ジュエリーショップで楽しそうにものを買っているカップルにいまだヤキモチをやいているらしい。

もはやトラウマだね。

家族のクリスマスには嫌悪を抱いていないらしいので、今は普通に受け入れており、クリスマスを楽しいものとイメージできるようになったのは、私としては最近なのよ・・・。
まあ、確かに恋人とってのも変なかんじはするけどね。
って銀座の人ごみを見てトラウマ(笑)を思い出したりして。
もっちろん、今、別に旦那とロマンティックになんてさらさら思ってないよ。

ちなみに・・・・ここ最近で面白いイブだったのは、職場の友達(女)が野球をやっていて、バットを買いたいというので、24日に一緒にバットを買いにいったことがある。2年前のクリスマスかな?
クリスマスイブに神保町で、バットの素振りを見るってのもいかすなと思った。

土曜日のライブには、私の大好きな音を出すベーシストがきていたので、「ベースを買おうと思うんですが、何がいいですか?」と聞いてみたら、その人はとても謙虚なので、最初「だんなに聞けよー」と言っていたが、その後とてもまじめに考えてくれて、私はとっくにどっか違うところに行ってるのに、私の旦那に、「やっぱり、自分の好きな音がいいと思うんだけど、ジャズベがいいと思う」って言ってたらしい。
本当にいい人だ。

サンダーバードにちょっと気をひかれていたけど、やっぱりジャズベかねぇ・・・。M氏(そのベーシスト)もそういってることだし。

そして、日曜日はちょっとした料理を作って、いつもよりいいワインをあけた。
酔っ払って旦那がベースで土曜日のバンドのライブの曲を弾きたいというので、細かくコピーして面白かった。酔っ払って楽器を弾くのは楽しい。

今日は、フランクシナトラのクリスマスソングを聴きながら「鳥鍋」で、まったくクリスマスらしくない料理だった。
しかし、この連休、この間のクリスマスパーティーのHappy Christmasを何度も聞いた。
聞けば聞くほど、できがよいなぁと思い、何度も聞いてたらさすがに今日は飽きた。
友達にもずうずうしくCDにやいてあげたら、お世辞かもしれないが、いいかんじだ!といってくれてうれしかった。

楽しく音楽をしている雰囲気が出てて本当に素敵な曲になっていると思う。

まあ、こんな感じのクリスマスだったよ。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-24 23:13 | 日記

☆2007年振り返り☆

毎年恒例、新年の誓いを振り返る時期がやってまいりました。
今年はちょっと早いのだけど、年末NYに行くしバタバタして振り返りができなさそうなので、本日いってみよー。

1)精神面
①強い人になる。

「どんなときでも冷静に。利己的になったり感情的になったりして、周りを不快にすることなく、そして周りの人に心を痛めることや、怒りを感じることがあっても、それを糧にして立ち上がって凛として生きる」。。。と新年の誓いの日記にlこう書いておりまして、そういう意味で強くなりたいと思った。
まあ職場で人の嫌な言動に振り回されることは少なくなったので、そういう面では強くなったかな。
ただ、性格上自省しすぎるあまり、落ち込むことが多すぎる。それにより体調が悪くなることもある。自分を律しすぎるというのは、裏をかえせば自分にとらわれすぎるということでもある。自分のことに気をとられない寛容さ、いいかげんさ?みたいなものも強さだったりするわけで、そういう意味では強くないな。

②品のある人になる。

・・・これはなるべく心がけてはいたけど、どうだろうか?品がなくなる→即刻おばさん化・・それはいやなので、下品にならないように気をつけたいものだ。


③笑いと冗談とお礼とお詫びを常に忘れない。

今年は全般暗かったな。笑ってばかりというわけではなかった。来年は安定した気持ちで幸せな気分とはいかなくても、軽い気分でいけるようにしたい。
お礼とお詫びはできたと思う。言い訳もなるべくしないようにがんばったと思う。


2)趣味(音楽)
①ピアノは引き続き左手強化に努める。

左手はだいぶ強くなった。1週間に少しだけだけど意識して練習すると、まあ違ってくるものだね。


②ギター・ベースは、自由にこなすところまで行くよん!

ギターはまったくやらなかったけど、ベースは1ヶ月に1度バンドでやって、ベースのことをさらに好きになった。自由にはこなせてないけど、バンドスコアみて曲を通せるようにはなった。

③ゴスペラーズとBONNIE PINKのファンは今年も力を入れる。

ゴスの苗場のコンサートに今年こそは行くといいながら、参加エントリを忘れるという大失態。
今年は中盤コンサートがなかったので、あまり力をいれたとはいえないな。
BONNIE PINKは武道館のコンサートに行ったが、今回のアルバムがあまり好きでないため、どうも私の中で失速しているかんじ。BONNIEの音楽センスをとりいれたいという希望も、今の曲調では同調できないかんじ。
また、曲の好みがあってきたら戻ろうと思う。
酒井さんについては、また最近思いがましてるので、ゴス番組などはもっと気合をいれてチェックしよう。こういうミーハーな気持ちが、明るく楽しい気分をよんでくれるに違いない。


3)趣味(その他)
①美術館にたくさん行く。

あまり行ってない・・・。3回くらいかな。そして、リビングに飾る絵には今年も出会えずです。年末のNYに期待。

②ネイルアートをちらっと身につけたい。

その後、興味が薄れた。

③英語、、今年こそは座学に力を入れる。

夏にちらとそんな時期もあったが、また薄れてしまった。。ダメだな私。
ヒアリングは決算期に日本語字幕つきだけど毎日SATCを見てたら、自然にアップした。
まあ、そういう楽な方法で維持するのはいいことだよね。ということで、最近は英語字幕で見るようにしている。

④今年はあまり力を入れなかった動物行動学・コミュニケーション学など学問書を読んで、学術的な知識を取り入れる。

京都大学霊長類学研究所のシンポジウムには参加したが、動物行動学はどうも最近使い古された言葉が多くて食傷気味。
学問的興味がいまいちわかないのだよな。

4)その他
①日ごろからこまめに整理整頓

いろんなものを捨てたり整理したりというのはよくやった。年末にはクローゼットの改革もしたし。
ただ、リビングを日ごろからいつも美しく・・・とういのは忙しいとなかなか難しくいつも土曜日に一気状態。
日ごろこつこつ片付けるのが大切だよなぁ。

②体をもっと柔らかく!

だいぶましになったが、ヨガは後半失速したな。
自分の姿勢や体力のためにもヨガは続けたい。

というわけで、今年はなんだかあまり意欲がわかない・・というか、興味が薄れるものが多い一年だったと思う。
まあ、趣味なんて取捨していけばいいから、それはいいかなと思う。
ただ、もっと心の底から打ち込めるものを持ちたい。
やっぱり達成感って重要だと思うから。

1つとことんやりぬけるものや深く理解できるものを見つけて、やればできる!ということを実感したいな・・・。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-22 01:48 | 日記

必ず暗くなる

私はいわゆる月経前症候群(PMS)がしんどくて、この時期はだいたい自分の生きる価値を疑い始める・・・。
で、今回もいつもどおり激しく暗くなった。。そんなときに不幸にも職場の忘年会があった。
みんなそれなりに楽しめたみたいでよかったのだけど、私はひとりで非常に疲れ果てた。

私は飲みの場での仕事トークが嫌いみたい。生産的ならいいけど、酔っ払ったときに生産的な話ができるわけなくて、自分のしたことの自慢とか、押し付けな考えがひどくなるじゃん?
楽しく仕事のことをネタにできる分には全然楽しいんだけどさ、エゴのたれながしみたいなトークはホント嫌だ。。ただでさえ、仕事中に鬱屈がたまってるのに、大好きな酒の前でそういう話をダラダラ聞かされるとうんざりする。

というのもね、おっさんは自己愛のもとにいろいろ言ってるだけなんだけど、私は自分を責めるので、そのいろいろが、自分の批判に聞こえてくるのだよ。

そう思うと、立場が上の人は、自分の酔っ払った適当な一言で部下を傷つける恐れもあるわけだし、難しいもんだなと思う。

さらにね、自慢げなおっさん、自分の立場に応じて都合よく態度を変える人、自己正当化する人などを見てると、上の人っていうのはこういうメンタリティじゃないとやっていけないのではないか?と思いはじめてきた。

私はどっちかというと常に自分が悪い、自分が足りないと責めまくるので、自分に都合よく考えること、自己愛のもとに、周りのせいにして流すことや非情な決断ができないと、上にたつのは難しいんじゃないか?と思うのだよね。

だから、昨日、やっぱり私はこのまま働いていくのは向いてないのではないか?と真剣に自問自答したよ。

そんな仕事のことで暗くなり、まだまだ他にもいろいろ思った。
私の上司はずっと介護をしている。上司はひとりっこで親戚ともきれてるらしい。そんな彼と昼休みに介護の話をしていて、自分はどうなるんだろうねーという話になった。彼と同じで私もひとりっこで親戚が少ない。旦那が先に死んだら、もはや自分で面倒見るしかないのだ。
そうなってみないとわかんないけど、考えると不安よね。
まあ、自分の死ぬときの話はおいといて、その上司の「子育てと違って果てのない介護」人生を聞いてると、因果応報か?なんて思ったのだった。

そして、今日離婚したばかりで一人用の住まいも購入したのに、急に違う人の子供ができた知り合いと話して、この世には穏やかに平和に人生をすごす人もいるんだろうけど、激動の波が襲う人、激動かと思いきやいきなりその先は安定だったり、わかんないものだなーと思った。

だいたい、私の人生だって何が起こるかわからない。見かけは平和な今の生活だけど平和なのかもわかんないしね。

最近私の周りは「明日死んでも後悔しないくらい今日を楽しく生きる」といってる人が多い気がするけど、私はどうなんだ?楽しいのか?明日死んだら後悔しないのか?
なんだか、私は私の人生を生きながらも、実感がなくて、さめて第三者的に自分の人生を見ているかんじの毎日だ。それって、悔いなく日々したいことをしてすごしているという人にはどうしてもなれない。。しかしながら、そんなことを考えられる時間があるってとは要するに暇ってことだなとも思う。

++++++++++++++++++++

さてさて、暗くなったので早く帰って、最近すっかりご無沙汰していたゴスペラーズの好きな曲を聴きまくった。
そうすると、やっぱり元気になった。
ゴスペラーズの音楽って私の好きなジャンルとは別種なんだけど、なんだかすごくいい気分になれるのよね。
もちろん歌がうまいということもあるけど、同世代に大学の音楽サークルで過ごした人物ということで、親近感がわくというのもある。
で、卒業してもそれなりに音楽をやっていて、そのおかげで楽しい気分になれたり、仲間ができたり・・・。そういう思いがねーきっとゴスペラーズのメンバーの気持ちとシンクロするんじゃないかと思うの。音楽面っつーのもあるけど、ほらほら、もう学生時代はダサイ音楽人間だったわけですよ。ちょっとさ、わかったようなことも言っててかっこ悪かった学生時代だったと思うよ。お互いに。そんなシンクロ具合が心地よく癒されるゴスペラーズ。

で、私は、かねがね旦那に、ゴスペラーズの酒井さんと会ったら、たぶん恋に落ちるから、その時は大変申し訳ないけど離婚して、彼と結婚しますから!と公言してます(笑)

今日はあまりに暗かったので、ちょっと楽しい妄想をしようと、酒井さんに出会ったら私はどうなるのか??というのを妄想してみた。
他のメンバーに対する自分の態度は容易に想像できるのだけど、酒井さんについてはどうも想像できない。。。ファンというので、いきなりドキドキかわいい女になるのか?あるいは、友達としてさわやかに仲良くなるのか?気持ちとか距離感的に同じ類で最初人見知りするのか?あるいは、すごく意気投合するのか?
そんなことを妄想するだけでもとても楽しく、アホな私だよ。

たぶん私は本気で彼にあったら恋をしてしまうに違いない!!かな?



とこんなことを、酒井さんの声を聞きながら考えてHAPPYになってる自分は、やっぱりとても単純ね。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-20 21:55 | 日記

幸せなこと

この間のクリスマスパーティーの録音をCDにやいてくれたので、普段反芻しない私だけど聞いてみた!!
私のベース。。ダメです。ダメ。
もっとなめらかに、音と音をつなげて弾きたいところが、ぶちぶちきれてる。
こわいけど、客観的に聞いてみるのっていいなと思った。

その後、Happy Christmasの旦那のベースを聞いたら、途中音を間違ったりしているものの、私より断然うまい。。。キャリアが違うから当たり前だけどへこんだ。
なんというかな、音の大きさのバランスとか、音と音の合間とかが自然だ・・・。うう・・。

ギターの友達は明らかに上達していると思う。やっぱり、楽器を愛する気持ちが練習につながると、着実に進歩するものだなぁと感心したよ。
私も来年は根性すえてベーシストになるよ。

しかし、音楽というのは、ひとりでやることはたやすいけど、アンサンブルでやるのは、そういう人を集めなければならないからしんどい。
でも・・私は35歳のいい大人になってもこういう機会に恵まれている。
これってとても恵まれてるんじゃないか?と思う。
日常生活でも友達に恵まれ、さらに音楽ができる友達にも恵まれて、私は本当に友達については、いつなんどきでも恵まれているなーとしみじみ思うのだよ。。

そして、私はこの先、いろいろとつらいことや失望することがあろうとも、音楽をやることができる限りはアイデンティティを失わないでいられんじゃないかと思う。

・・と、その一方、最近気づいたのだけど、あんなに好きだったフラワーアレンジメントに最近気が入らない。花は好きだけど、庭にシンプルに自然に咲いている花がよい・・。
というか、庭にさえも、花は植えず、グリーンを主にして、花は季節で勝手に咲いているかんじ。

その時々に応じて、興味って薄れたり高まったりするんだな・・。

+++++++++++++

ところで、今日はとてもいいことがあった。私の友達の友達が、私がこの世で一番好きなアーティストと仲良しで、サインをもらってきてくれたのだ。
友達の友達は、私のことを知らないし、そのアーティストも、私という人物を知らないわけであるけれども、人を介してでありながら、特定の人を思ってサインを書いてくれたその一瞬があまりにうれしくて、私は仕事中に、そのことが書かれたメールを受け取って、うれしくて幸せで涙ぐみそうになったのだった。。。
いつか彼とお酒を飲んでみたいものだ!夢は念じればかなうというではないか!私はあきらめないぞ!!!

この感動は、私が、バレーボールで大好きだった江上選手と、あるイベントで共にバレーボールをするこができたこと以来の感動かもしれない。
あのときもすごくすごくうれしくて、ただでさえ好きなバレーを、私が中学やら高校やらで、くいいるように画面を見つめて素敵だと思った江上さんと一緒にできるなんて・・・・。そして一緒に写真まで写ってもう・・・・。あの日の感動はいまだに忘れることができません。

手がとどかないと思えた人を近くに感じることができるって本当に素晴らしいことだよね。
これも縁や運だよねー。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-18 23:40 | 日記
今日はうちの家でクリスマス音楽パーティーを開催した。

ギター・ピアノ・カホン・ベースを使ってそれぞれが今日までに練習したのだ。

今日ギャラリーで参加する友達に、ボサノバギターをいきなり弾かせるというのはどうだろうか?という試みで、私のボサノバギターを設置し、楽譜も用意したら、すんなりやってくれて、これがなかなかよかった。

今日のプログラムはこんなかんじ。

0.イパネマの娘(G:Sちゃん、Vo:Kちゃん)
1.そりすべり(私とNちゃんの連弾)
2.Souldiers (G.Kちゃん、Vo:私)
3.Winter Wonderland(私とNちゃんの連弾)
4.White Christmas(私とNちゃんの連弾)
5.don't Know why?(Vo:Tさん、G:Kちゃん、B:私、P:Nちゃん、カホン:K旦那さん)
6.Happy Christmas(Vo:Nちゃん、私、G:Kちゃん、B:私の旦那)

合間に、Tさんによる、フラダンス2曲!これもまたすごくよかった。

いやーーー!!すっげー楽しかった。またやりたい。

ピアノの連弾の1発目で、宅急便のおやじが来てめちゃめちゃ動揺してしまったけど、後は、特に緊張しないでまあよかったかな。
1週間、肩が痛むので無理しないように弾かなかったせいで、最初練習のときはさんざんで、しかも、腕が痛むので湿布をしての演奏だったけど、楽しく弾けたみたい。
歌は、人前で最近歌ってないから緊張しちゃったよ。前は緊張しなかったんだけどな。

ベースは、やっぱり!!ベースが一番弾いてて楽しかったし幸せだったよ。やっぱり来年は絶対ベースに力いれよう。

つきなみだけど音楽ってやっぱりいいですねー。

とっても爽快な気分です。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-16 22:43 | 日記

決心

今日は、現バンドのメンバーの別のバンドのライブを見に行った。

昨年も行ったが、そのときよりもだいぶうまくなっていた!
特に生かすルックスのバンドというわけではないし、極うま・・というわけではないので、一緒に行った友達はどう思ったかわからないけど、私はある意味非常に感動していた。
観客は音楽教室つながりの人なので、通常行っているライブよりもいかさない感じの人が多いし、ノリも奇妙なんだけど、おとなになってからがんばって音楽にふれてみてやっぱり好きだ!という気持ちがあふれてて、のんべんだらりと生きてる人や、文句ばっかり言って何もやらない人よりかは、よっぽど前向きだと思えて、ちょっとこわいノリだったけど、ほほえましかった。

バンド自体は、初心者だけど一体となっている感じがしたし、難しめのコードな曲も、わけわかんない・・ってことにならずちゃんとできてたと思う。

それもこれも、ベースはうまかった。やっぱりバンドはリズム隊がきりっとしてると、かなり違うんだよね。

私もベースまじめにやろう!!と思った。

来年の目標は、まずはマイベースを買う。あとは自在に弾けるようになる。
横浜にチケット制の教室があるので、何回か習いに行こうと思う。

バンドのボーカルだった子は、ドラムがやりたいということで、ドラムに転向することになった。
あとはボーカルを探すだけで、ボーカルはドラムよりも探すのが簡単なのでは?と思うのだけど、ボーカルとなると、雰囲気のあわない人は避けたい。
ポップでキュートな女の子がいいなと思う。
欲を言えばかわいいけど音程よく歌える子がよいな。

3ピースでやるのも考えてるけど、ベースを弾きながら歌って歌えるのかな?それに、GOGOのかわいいけど独特な声を、私でうまい具合に置き換えられるとは思えない・・。

とにかく、私は1年前にこのライブに行って、彼女らの一生懸命な姿に心を打たれて、バンドをやりたいと決意したのであった。(帰りの歩道橋で、旦那に決意の電話をかけたっけ)

とりあえず、カタチとしてはその決意は実現してるので、またこのライブで今年思った、音楽を完成させてライブに出たいという決意を、そのうち実現させたい!!

今日のライブも行ってよかった!と思った。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-16 00:43 | 音楽

口癖

つい、使ってしまう口癖・・。

私はよく「なんか・・・」という。あいまいだし、アホみたいだから、やめようと思うのだけど、「なんか○×なんだよね」とついつい言ってしまう。

今週から仕事で、私にしては珍しくたくさん会議に出席する。

会議で人が話すのを聞いていると面白い。

結構トークがうまい人を発見したり、自慢屋ぶりを披露されたり、早口になる人がいたり、
普段とは違う発見があってよいね。

今日は女課長がとてもキレのあるトークを展開していて、おお、なかなかかっこよいなと思った。

で、うちの上司は、「要するに」というのが口癖で、連発しているのが面白い。
口癖ってのはきっとその人の思考みたいなのが反映されていて、彼は、「まとめたがり」なんだろうと思う。

で、他部署の上の人は、「○○さんが言ったことは・・ってことで」、「だからこそ××さんはこういったわけで」と人の話を引用するのが好き。
この人は、自分がいいと思う人を崇拝するある意味ピュアな人なんで、その人が言ってるから説得力あるだろう?と話にはくをつけているのかな。

そして、最近ふと気づいた、私の口癖
「これについては、たとえば○×・・・」

意識しはじめると、気になるもんで、よくたとえている。自分が例示されるとわかりやすいからそうしてるんだろうか???

例えばはまあいいとして、「なんか・・」はなおしたいな。

会議といえば、私は普段会議がないので、とても緊張するんだけど、今日からの会議はあまりに回数が多く、話題もまあたいして緊張する内容ではないため、いつになく、緊張せず、好きなことを言っていて、昔の私に戻ったみたいでよい。

この調子で、ピアノの発表会も緊張しないでいたいなものだ。やっぱり慣れと日常感覚だよね。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-12 00:15 | 日記

今日は研修から直帰したらすごーく早く家について、充実!!

さてさて、飲み会とかが続いてたときに、心にもやもやしてて、なかなか書けなかったことを書こう!

私は男と女の違い・・というような本をよく読みます。
そんな本を読みつつ、男と女は本当に違うということを実感し、妥協したり、相手を尊重したり慣れたりしてわかってあげることはできても、完全同調することは無理だなといつもしみじみしています。
女同士も完全同調は無理だとしても、精神構造は男よりは近いから気持ちをわかりあいやすい・・。

男と女がひかれあうってのは、やっぱり、恋愛状態という劇的な状況で、普通でないくらいのホルモンがどどーっと出て、それゆえのことだと思うんだよね。そうまで劇的じゃないと、距離を縮められない気がします。。友愛みたいなのはあるとは思うけどね・・・。

この日記でも何度も書いたけど、男の人って自己の評価基準が完全絶対評価。女の人は相対評価。女の人は、他人と比較して自分の意義や価値観を確認しているから、噂好きだし人のことを話すのが好き。

と、まあ絶対評価も、相対評価もどっちがいいってわけではないけどね、でもでも。。男の人って、ホント聞いてて恥ずかしくなるほど、「自分のこと」を語るのが好きで、自慢が好きだよね。
おっさんになってくるほどそういうのが強くなるような・・・。それって、若い頃は、男も女もどっちも子供で、気づかなかっただけだろうか?

たぶん、男の人と同じことを女の人はできないと思います。
なぜなら、「私ってこんなすごい!」とか「こんなすごいことをした」なんて言おうもんなら、「あの人は自分のことを自慢してバカじゃないか!」という嫉妬やら悪口やらの評価にさらされて、女社会では生きていけないから。

反対に、男の人がなぜ自分の自慢語りをしまくっても、普通に生きていけるかというと、女社会と違って、みーんなが大なり小なり自慢してアピールしまくり、他人のことなど特に気にもとめてないからだと思うのだよね。

いや、別に男も女も、自慢が真実で他人の評価と自己評価と一致してればいんですよ。。だけど往々にして自慢なんてそうでないでしょ??
ちゃんと評価されてることって、本人が語っても聞いてて自慢と思えないもんね。

というわけで・・・・、とにかく、私は「俺様自慢」が苦手。
前に「俺様と彼女のつきあい」を語る人がいて、いかに俺様が彼女から好かれてたか・・を延々と自慢されたとき、まじでどっか行こうかと思ってたし、顔も「うんざり」になってましたよ。
(本人はまったく気づいてなかったけど)
おじちゃんの自慢も、うまくほめてあげられない(~o~)
本当は仕事としてやらなきゃいけない気がするが・・・。
男と女は違うもの・・かわいいじゃないか・・と思って許してやるべきなのかな。

ちなみに私の周りの男児は、私のこの殺気に気づいてなのか、あまり俺様自慢をする人はいません。

しかしながら、まったく自信を持ってない人もなんですけど・・・・、いやいや、男って自信ない人なんていないよね?どんな変な人でも、妙な肯定をして生きてますもん。

何度も言うけど、自己評価と他人からの評価が一致してれば全然いいんです!!

容姿が悪くたって、なんか妙な自信オーラでカバーしていて、現実を見ないふりしていると、結構女って、その変な自信オーラにだまされたりするのよね。
まあ、それが男たる所以・・・。

・・・ああ、私は生まれ変わったら絶対評価で、ある意味楽そうな男に生まれたい・・と思いつつ、いやはや、自分は気づいてないところで、周りの女の子に「勘違い男・・」とバカにされるのも虚しいから、やっぱり女のほうがよいかな・・とも思うのでありました。
[PR]
by rurulilac | 2007-12-10 20:21 | 日記

NY

今年の年末はNYに行きます!

しかも友達と行きます。結婚してから友達と国内小旅行をすることはあったけど、海外はないかなあ?あ、一度だけ友達とサイパンに行ったけど、それは3日で、1週間という長期はないです。
だから、とても新鮮!!

最近は旦那と、ハワイ・沖縄・バリ・・みたく、リゾートしか行ってませんでした。
ゆえに、洋服は軽装、現地の予定など特にたてず・・というような、だらりんちょな旅行ばかりで、緊張感などまったくなかったのですが、今回は、NYということでバリバリ観光です。

私と一緒に行く友達は、情報通&計画的なので、なんと旅程表ができあがっています!!と、彼女にとってはいつものことなんだって。すごいなー。

相手が計画的だと、私はすっかり受身になるので、だいたい旅行でどこに行ったかも覚えてないくらいまかせきりなのですが、今回については、友達ほど計画的に調査してはないものの、かなりわくわくしてまして、いろいろと雑誌や本を見ています。珍しい!
私が旅行で主体的になるのは、相手が頼りないとかそういうときで、そういう時は、興味で主体的なのではなくて、まさに仕事のようにがんばってるだけだから、疲れるのだよ。。

さらに、旅程表にあわせて、何を着て行こうかなーとか、久々に準備が楽しいのです。
この間のバリのときに、機内で「あああーあれを持ち込めばよかった!!」と後悔したことを生かして、今回は万全にしたいわ。
で、これを持っていこう!とか、ダウンコートを買おうとか、水没したカメラを買おうとか、いろいろと必要なものを補充していたら、旅行に行く前からやたらお金がかかっている気がします。。

ま、これも楽しみのひとつ・・ということですが、現地でアウトレットにお買い物をしにいくので、日本でブーツを買おうかなーと思ってたけどこれはセーブ。

あと旅行とは関係なくて、今年、どうもボトムスがなくて、毎日着る服にさえ困っているのですが、これもアウトレットでいいものを探そう!とセーブ。

今日は、旅行もかねて、温かい下着などをユニクロに買いにいきました。ユニクロ!安くていろいろと揃えられるから、ドラッグストアに行ったときのようなホクホク感があるね。
なんだか冬支度が一気にできてとてもうれしかったです。

楽しい旅支度ですが、NYといえば、やたら寒いわけですよ。めざましテレビで、「気温はマイナス○度・・寒いです」とリポーターが毎日言ってるのを聞いては恐怖におののいているわけですよ。
果たして私はそんな中、元気にうろうろすることができるのでしょうか?
そして、アメリカといえば、食事の量が多いのも恐怖です。まあ最初から残すの前提で作られてる感はあるのですが、あの量・あの油・・・。大丈夫なんでしょうか?

ハワイでは、温かいからこそ胃腸の調子もよく、まあ食欲もあるわけで、そんな中でも最終日は、味噌汁だの納豆だのと言ってる私です。シェラトンのビュッフェでは納豆に突進して笑われましたっけ・・・。日本人ですね。

とにかく寒いNY、漢方でいう「虚」の体質の私は、寒いと内臓の活動が停止します・・。大丈夫か?

今日も養命酒飲むぞ!!!!

NYといえば、SATC(Sex and the city)ということで、最近またよく見てます。
ああいうお洒落で都会的な世界が広がっているのだろうな。コスモポリタン(SATCの中で出てくるカクテル)飲んじゃおう。都会に旅行に行くのは、どこぶりだ?ワシントンDCぶりだ!(仕事だけど)ワシントンDCもそれなりに楽しかったから、きっとNYはすごく楽しいんだろうな。

慣れたらひとりでふらっと行きたいわー。

楽しみだなー。悔いのない楽しい旅行にしたいな。そのためには健康第一!
[PR]
by rurulilac | 2007-12-09 22:35 | 日記

酩酊その2

昨日の日記、酩酊状態で書いたら文章がめちゃくちゃだ(笑)
少し手直ししたけど、それでもなんだかよくわからないね・・・。ごめんなさーい。

ちょっと続きを・・・。

すごいのは、どんなに酔っ払ってもこれだけは言っちゃダメだ!と心に強く刻んでいるところは言わないみたいだから、その点は酩酊で麻痺する理性を超えたところで強く制御してるんだなぁと思う。

そうそう、私は飲むと、あまり好きじゃない人には近づきたくなくなる。その辺もすごーく正直。
昔よりはだいぶ大人になったので、前ほど好き嫌い自体が明確ではないけど、嫌だなっと思う人とは話したくなくなる。

そして、酔っ払ったときよくある、人肌恋しくてべたべたするってやつですが、私もついべたべたする。
でも、べたべたするのは女子か、男子でも自分の中で「完全に中性化」している人(=後で勘違いしない人)数少ない人だけだ。
(面白いことに、ゲイの人には本能でかぎ分けるのか・・べたべたしてしまってました。)

これも、どんなに飲んで記憶がなかろうが、完全に本能で制御しているみたい。

男の人、、特におっさんは、基本的に女の子の手などを触りたがるけど、女ってそういうおっさんみたいに「男の人を触りたい」って気持ちはないと思う。
酔って人肌恋しくなって、男女問わずぴとってしちゃうだけだよね。おっさんは、人肌恋しくて、おっさん同士でべたべたしないもん。(想像すると気持ち悪いね。笑)

その点、男と女はまったく違うわけで、酔って誰でもべたべたしちゃって、後で勘違いされる女子の後輩なんてのがいたけど、男目線と女目線の違いなんだと思う。

その子、酔っても人を選ばないから、きっと心の底まで博愛主義で、いい子ってことだよね!?

??


酔った状態が、その人の本性と判断しちゃっていいのかなぁ????どうなんだろう???
[PR]
by rurulilac | 2007-12-09 09:39 | 日記