音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

カテゴリ:音楽レッスン( 9 )

週末いろいろ・・

f0005826_224107.jpg

f0005826_2241095.jpg


今日はお食事会があり、フレンチ食べました。
写真はデザート。
食事はとるタイミングがなかった・・。デザートは私本当に苦手で・・。チーズとデザートワインに変更してもらえばよかったよ。
デザートは見るのはかわいくて好きなんだけどね。
料理はふつうにまあおいしかったです。

この会は旦那の大学時代の知り合いの、グルメな人たちの集まりらしく、今回まぜてもらいました。
しかし・・・。「ひらまつ」とか、「ハモは夏に京都で」・・・とか、「和食はどーたら」とか、ミシュランばりの話がどんどん出てきて、ああー、世の中やっぱり格差社会だなぁと思いましたよ(笑)

おいしいものは好きだけど、いろいろ探求したりしてないので、ほんとにみんないろいろすごいもん食べてんだなぁと感心したよ。

成金とか、ハイソな自分が好きみたいな気負いがある人は好きでないけど、ある意味貴族な人ってのは好きです。ひとり、ほぼ不労所得で生きているような人がいて、すっごくいいレストランとか行きまくってるんだけど、変な袋とか持って、てっちゃんだったりして自然なの。お母さんは戦後初で・・した人・・みたいなすごい話はポンポン飛び出すんだけど、全然力ぬけてて、だけどなぜか品は感じられて。これがお育ちってやつだなぁと思いました。

+++++++++++
23日は私のピアノの生徒の発表会です。
ひとり難しい曲を与えすぎたかなぁと思ってたら、すごく練習して弾けるようになってて、感動して涙ぐみそうになりました。
子供の成長ってすごいね。
大人って1週間前にできないことは、1週間後も確実にできない・・、まあそれは忙しいからもあるんだけど、子供って短期間ですごく進歩するのね。
子供がいるときっとこういう感動の連続なんだろうなぁ。
きっともう皆大丈夫。あとは楽しんでもらえればいいかな。

私も余興で弾くんだけど、これがもうはまりまくり。
途中2週間半病気になってピアノさわってなくて・・・遅れを取り戻さなければ。
昨日先生に聞いてもらってOKをもらったのだけど、今日、以前録画した、NHKのスーパーピアノレッスン(ミッシェル・ベロフによるレッスン)を見たら、なんだか私のは全然ダメに思えてきました。
感情移入が足りないのだねー。緊張とかしてる場合じゃなくて、自分のいろんな感情を引き出して注入しないとダメだーとベロフさまに教えられました。

そう、私、ピアノ弾きながら、つい違うこと考えちゃうんだよね。そうすると必ず間違えたりわからなくなったりするの。。。そんなことを考えてること自体、感情移入できてないよな。。

23日が終わったら、5月25日の自分の発表会の曲に本腰を入れなければならないのです。初夏なのに、おもーーく革命・・・。
私の前は黒鍵のエチュードで、革命でしめて終了・・。トリなんだよね。。。。プレッシャー。
舟歌とは弾き方も情熱も全く違うわけで、23日過ぎたら激しい感情を湧きたてさせなきゃだよ。(忙しくなるというのに・・)仕事の怒りでもぶつけるか。

あまり情熱的な曲って人前で弾いたことないのですが大丈夫なのかなぁ。イメージわかなくて心配です。

で、ピアノのことで頭いっぱいなんだけど、もう1つは衣装のこと。
23日は主役じゃないけど着る服がない。。。。。。どうしよう。
春って、普段着も着るもんないのに、衣装なんてないー。5月25日はドレスを着るべしと言われてるんだけど、それもどうすればよいかわからないよ。
前は結構結婚式のカクテルドレス着てる人がいた・・。

先生に、ああいうドレスは借りるのですか?と聞いたら、私は買うよ、と言っていて、いくらか聞いたら、「この間のドレスは15万円だった」と言っていた。

高いよーー。着る機会がないドレスにそんなお金使うのはやだよーーー。
音大生とかってどうしてるんだろう。教えてほしい。。
[PR]
by rurulilac | 2008-03-09 22:41 | 音楽レッスン

掃除とピアノ

f0005826_22563567.jpg

今週末は、疲労から解放されて、体が動くようになったので、ヨガにも行ったし、掃除もしたよ。
だいぶきれいに整理整頓されてきた。
やっぱり家が汚いと、心もすさむ・・。忙しいときってのは、疲れて片付けられないから、悪循環だよね・・・。家政婦雇いたいくらい。。

来週はガーデニングもできればいいな。ジャングルみたいになってるから。

そして、今週末はピアノも練習した。
まずはハノンで、筋トレ。小指・薬指・中指の練習曲を繰り返し何度もやった。
そして、ずっと休んでいた、フォーレの舟歌を練習した。
なんだかアルペジオが苦手なのか、うまくいかないけど、弾いててとても癒される曲で、幸せな気分になる。

ショパンの舟歌も好きだし、私は舟歌が好きみたい。

そして、ラベルやフォーレを聴いてるときもほんとうにいい気分になれる。
昨日は、バイオリズムのせいか、また人生が嫌になっていたのだけど、そういうときには、絶対フランス印象派の曲に限る。聴いていると、こんな素敵な曲を今聴けるだけで、今生きてて幸せだ☆と本当に思えるの。

ショパンとかも、素敵だけど、その素敵とはまた何か違う、もっと心にじわーっと入り込むいい感じが、印象派の曲にはある。
[PR]
by rurulilac | 2007-06-10 23:04 | 音楽レッスン

ピアノ

疲れて疲れてヘロヘロでございます。
毎日夕食が12時近く・・・ああ、普通の人に戻りたい。。

てなわけで、余裕が全くない私で、ピアノの練習もしてもないんですが、とりあえず今日レッスンにいきました。
ハノンしかやらず、悲愴は、残すところちょっとだけど、「今の疲れた状態で弾くのは無理、あれはスポーツだから」といわれ。。

確かに。体力なきゃひけない。

しかも、冬っぽいのを春に弾くのは先生は好まないので、来週から、フォーレの「舟歌」を弾くことになりました!!

きれいな曲だけど、舟歌って左手の動きがアルペジオなので、ちょっと苦手かもしれない。。
でも弾けるようになれば、これも弾きながら自分を癒せる曲だからいいかも☆

明日練習しよっと。
[PR]
by rurulilac | 2007-04-21 22:14 | 音楽レッスン
最近すっかり日常化して、このブログに登場しなかったピアノのレッスンの話をします。
私の生徒は、6歳=2人、小1=1人、小2=1人、小3=1人なのです。

6歳の子は3番目にはじめたのですが、激しく上達し、もうすぐで進度1位となります。
彼女は音楽的才能はまだ未知数なのだけど、たぶん頭がよいので理解度が高いのです。
なんでもすぐに理解してこなせます。
この頃の子ってもちろん才能もあるだろうけど、理解度が高ければ、ピアノに限らずなんでもこなせるからねー。

全く理解が悪く、進度が極めて遅い子でも、好きな曲に対する習得はとても早く、リズムや音の高低を無意識に記憶してるところに、感動したりします。
感覚でできる子のリズム感ってのは、理論じゃないから、「体得」ってかんじで、これこれ!って思っちゃう。

全然できなくて悲しくなるときもあるけど、いつもできない子がふいに他の子よりできたり、それぞれ丁寧な性格や負けず嫌いな性格などなど、いろんな個性を生かして、どんどん成長していっています。
子供ってのは日々発見・日々成長です。本当に私はこの子たちによって、子育ての中のほんのちょっとだろうけど、感動を味あわせてもらっています。ありがたいです。

そんな中、私がとても気に入ってる教材!

メイシーちゃんのサブバイエル

これ、教師と生徒の連弾曲集なんだけど、編曲がすごくよくて、弾いてて私も楽しいの☆
生徒が、「○にしたくない、もう一度弾きたい!」というくらいいいアレンジなんだよ。
終わった曲でも弾きたければいつでも弾かせてあげてます。

こういうので、ピアノを弾いて幸せな気分になってくれれば、本当にうれしい。
私も小さい頃、連弾で、先生の素敵な伴奏で、自分がうまくなったような気がしてとても楽しく思ったから。。そういう楽しい気分をたくさん味わってもらいたい!

さて、自分のレッスンはというと、発表会が終わってから、ベートーベンの悲愴を弾いていますが、不真面目に練習してるので、すっごくすっごくゆっくり進んでいます。
先生に「これは冬の曲なんだから、春になったらもう終わりよー!!!気合いれて練習してー」と、ついに言われました。。。

というわけで、今週はちゃんと練習したんだけど、ベートーベンって練習をやりだすと面白くて、なんだかこうスポーツした後みたいな爽快感があるのよね。
すっごく筋肉疲労も激しいし・・・。

これを終えたら、春ということで、ラベル!
ソナチネか舟歌を弾きたい。とても楽しみ☆
[PR]
by rurulilac | 2007-03-18 21:51 | 音楽レッスン

ピアノ発表会

f0005826_2142469.jpg

日曜日はピアノの発表会でした。
ピアノの発表会は結婚前の27歳の12月からだから。。。7年ぶりくらいか???
この間、加齢による記憶力の低下、度胸の低下、いろんなものが低下しているわけで、それはそれは緊張が予想されて恐ろしいものがありました。

しかし、ここんとこ調子よく弾けていたんで、まあ大丈夫かなと思ったのですが、やはり魔物が住んでいて・・・(涙)
意味不明なところでふっととんで、変な音を弾いたり、音が飛んだりしてしまいました。終わりよければ全てよし!!と思って最後だけは丁寧にきれいな音で弾き、ミッシェルベロフ先生が聞いていたら、「この音を大切にすべし」と、必ず言うだろうところは、はずさないで弾きました。もうしょうがない、それだけはよくできたと思うことにします。

言い訳するとですね、椅子が真ん中より左にずれていて、私の曲は右(高音)の方を使うので、届かなくてとてもあせった・・・・それと、巻きスカートだったので、途中でスカートがはだけて、かなり太股がでまくり、自分のあらわな太股を見るたびにミスタッチをしてしまいました。。もうギャグの世界ですね。
幸い、客席側ではなく反対側から見てきわどい状態だったので、難は逃れたわけですが、足を見るたびに倒れそうになりました。
これも自分が悪いっつーことで、勉強になりましたよ。あはは。

とちったりしたことにより、次回や今後にむけて、かなりのやる気が起こったので、とてもよいきっかけだったと思います。何はともあれ、私は今の先生に出会えたのがよかった!うんうん。
最近、やる気の高まりにより、楽器にも欲が出てきて、小さい頃からうちのピアノの音が気に入らないので、買い換えたいなーと思うんだけどピアノって高いんだよね。私の好きなウォルナット仕様にすると一体いくらかかるんだい!!??
旦那がベースが欲しい欲しい!と言っているのがちっぽけに感じるくらいです。

今回の発表会は、事前に、「なりきり」で行くと決めました。友人から「ヨーロッパの巨匠とかになった気持ちでやるんだ!!」と言われたので、確かに、みんな知らない人だし、なりきってうまく弾くことが肝心だ!とは思いまして、一応衣装もちゃんとすることにして(←言い訳?)そんなわけで、今回の衣装はこれだ!グレイスで購入しました。
f0005826_21551066.jpg


アクセサリーは上の写真にも出てきますが、芸術の秋ってかんじでしょ?友達の結婚式にもこれで行こうと思ってます☆カーデとかジャケットをはおれば普段でも着られそうだし、下に黒のハイネックとか着てスパッツでもはけば、カジュアルっぽくもできそうじゃない?

出演者はウェディングのカクテルドレスみたいなので出てる人もいて、もっともっと派手だったので、次回はもう少しいっちゃおうかなとおもってます。
何事も形から!そう巨匠やら芸術家の気持ちで!!
[PR]
by rurulilac | 2006-09-18 22:00 | 音楽レッスン

発表会

昨日ピアノの発表会の曲が決まった。
ドビュッシーの「ロマンティックなワルツ」であっさりOKが出た。
まあ、他の人とはかぶらなそうな選曲ということもあり。

ショパンのノクターンが終わってから取り掛かるんだけど、ああノクターン、全然身が入らない。
今、ただでさえ疲労困憊してるんで、つらいこととは向き合いたくない。
だから、この曲を弾く時につらいことを思い出して感情移入なんて全くする気が起こらなくて、手先だけでペラペラ弾いてるかんじ。
もっと余裕のある時におさらいしよう。

一般的な曲の解釈とは違うのかもしれないけど、私がドビュッシーやラベルの印象派を好むのは、自分の性格と曲の感じが似てるからだろうと思う。とびきりハッピーな方向にも悲しい方向にも行かないかんじ。中間を深く彷徨うような。
先生は私の音は優雅系だと言っているが、優雅な曲は少し違和感がある。

先生の指導は本当に好きだ。
発表会の曲の練習の仕方も指示してくれる。そういうのはじめてかも。
まず、遅くひいて音を読んで、そのあと遅いまま強弱とペダルをつけて、それからテンポをあげるんだって。
テンポも指示してくれて、そういうの今までではじめてかも。

***

ところで、声楽の発表会のほうはというと全然×でまだ一度も見てもらってない。
4月に2回やって5月に2回+伴奏あわせでなんとかなるのだろうか???

グノーのアベマリアの最高音Hがあやしいので、転調バージョンで最高音がGのものに変えたのだけど、どうも調がしっくりこないし、盛り上がりの前の音全般が自分の声には低すぎで歌いにくいことこの上なし。。。。
選曲失敗かな。

こちらはどうなることやら。
[PR]
by rurulilac | 2006-04-16 10:00 | 音楽レッスン

 習うって大切!

この間の自分のピアノのレッスンのときに、装飾音符の指導を受けた。
装飾音符の一番最初の音と、伴奏(左手)の一拍目をあわせる弾き方と、装飾音符がついている音と伴奏の一拍目をあわせる弾き方とあって、前者はより優雅になるらしい。
確かにそうだ!(@_@)

装飾音符の種類は意識してたし、その曲にあわせてノリでやってたけど、こういうことを言葉で理解したのははじめてだ。
音大にいってれば当たり前のことかもしれないし、そうでもないのかすらよくわからん。しかし、少なくとも私はピアノを通算19年くらい習っているが、言葉で指摘されたのは本気ではじめてだ。

音楽は独学もよいと思う。でもでも!習うっていうのは本当に大事。だって2倍の情報量になるんだもん!

そして、違う楽器をやっている人の言うこともあなどることなかれ!声楽の先生の発言が非常にピアノに役立ったりする。

****
最近旦那が「ピアノの森」という漫画にはまって、ピアノを始めた。彼は私が買ってきたメトードローズというフランスの教則本を自分でやっていて、たまに私が変なところを直したり、指の形を見てあげたりする。

昨日思った。

彼は上達している!!!

ちょっとびっくりした。
大人からはじめる場合、有名な曲を弾いてみたい!という目的で、有名な曲を簡単にアレンジした曲を弾いたりするやり方もあると思う。雰囲気にふれたいみたいな感じで。それもそれでいいと思う。
だけど、彼のように初心者の子供がやる教則本を面白くないけどコツコツやれば、進歩するらしい!
昨日私はそんな発見をして非常にうれしかった。やっぱり基礎は大事なのだよ。大人でもちゃんと基礎をやりゃーうまくなるんだよ。
でも、基礎ばかりじゃつまんないから、弾ける程度の「曲」もやる。そんで、感情表現を培う。このバランスが大事。

あああいろいろ勉強になるなー。ほくほく。

****
自分の生徒の一番小さい子はとてもよくできるので、1人だけバイエルじゃなくてメトードローズをやらせてフランス教育(笑)をしていたのだが、やっぱりバイエルにきりかえることにした。
彼女はよくできるけど、一番喜怒哀楽がないので、それはそれで難しいんだなー。
子供の特性を見て教則本を選んでるつもりだけど、やっぱりやってみないとわからんもんだ。

先生の責任ってとっても重いのだ・・・。
[PR]
by rurulilac | 2006-01-16 21:36 | 音楽レッスン

単純な人間

今日はいいことがありました☆
ピアノのレッスンで、ショパンのワルツをとてもほめられたのです。

ほめられた内容は・・・。
歌心がある。ショパンの路線にあった弾き方をしている。ポルタメントが自然にかかっていて流れがあってよい。何より習い始めよりとても音が出るようになった!
↑かなりかなりうれしい!!

やっぱり人間ほめられるというのはうれしくやる気がでます。悪いところを気付かせるのも教育だけど、いいところを伸ばすのも教育です。何においてもほめることは重要なのですね。

実は先週の日曜と今日しか練習してないんですが、何がよかったかはなんとなくわかっていて、火曜日に声楽の先生と伴奏の研究をしていた時になんとなくヒントをもらったのです。
それを踏まえて、今日は美しい音・フレーズになるように気をつけて弾いてみたのです。

単純な人間なので、ブルーな気分もちょっと回復しました☆

明日は声楽の発表会。ピアノなどの楽器だと、練習をしないととても不安だけど、歌は、いまさら練習してもそんなに変わらないし、喉にも悪いので、今日はちょっと歌っておっしまい。今のところまあなんとかなるかなーとのほほんとしています。
ソロで失敗しても、次に歌う先生との二重唱(「フィガロの結婚」の中の1曲)は失敗もあまりしようがないし、ハモリもあっていい感じなので、終わりの印象がよければ全てよしってことでしょう。
[PR]
by rurulilac | 2005-12-17 23:06 | 音楽レッスン

お休みも終わり・・・

ああ、またもや瞬く間に休日が終わってしまいました。

今日はピアノを教えている子のお母さんが自分のピアノも見てほしいというので、ちょっと見ました。大人を教えるのは難しいけど、楽しいなと思います。
大人になるともう個性がはっきりしているから、下手でもうまくても、自分の音色というものがちゃんとあるもんなんだなーと思いました。

その人の音色なりに、表現力を出すっていう作業は教えられるほうにとっても、教えるほうにとってもとても楽しいことかも。

私のピアノの先生と声楽の先生は、全くタイプも教え方も違うけど、それなりに、私の方向性を理解してくれて、上手い具合にのばしてくれてるなーと思います。

大学の合奏生活で、カチカチに譜面を読む癖がついていたので、譜面にとらわれない、大らかな声楽の指導は、最初非常に違和感を覚えたのですが、カチカチとしたデジタルな音楽頭を溶かしてくれて、それはそれでよかったなーと思います。
ピアノの先生は、かなりきっちりしているから、両者の指導をあわせると効果倍増になっている気がします。

譜面は大切だけど、目から情報を頭に入れて、その音を手で出すだけじゃダメだよな。やっぱり。それじゃただの反射だもんね。
[PR]
by rurulilac | 2005-12-12 00:47 | 音楽レッスン