音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

ハラスメント

職場の同僚が、飲み会で直属の上司にすごい説教をされたらしく、年末年始どんより過ごしたそうだ。
なんでも、「お前は日ごろから気にくわねー」らしく、3年前の出来事(しかも、感情的なことではなくて、仕事上のささいなこと)を持ち出され、いまだむかついていると言われたらしい。

酒の席とはいえ、日常の仕事に支障をきたすように傷つけばそれってパワハラだよね?

私も前の日記で書いたけど、直属の上司にひどいことを言われ、いまだ引きずってる。
同僚の話を聞いて、上司が部下に説教するとき、どうやっても対等な立場でものを言ったことにならないんだから、酒の力を借りてストレートにひどいことを言わないようにする義務があるんじゃないか?と、ここんとこ考えていたけど、必ずしもそうじゃないという結論が自分のなかででた。

ハラスメントってのは、する側の意図は関係なくて、受けたものの感じ方によるものなんだよね。だからその言葉だけに左右される間柄でなければ、全然OKなわけで、結局は相手との信頼関係を築けてないのに、酒の力を借りて本音を言っちゃうってのがいけないんだと思う。
要するに人間関係において「KY」だから、人を傷つけちゃったりするんだよ。。。。

酒の力を借りて本音を言ってはじまる信頼関係もあると思う。だけど、その後の人間関係に自信がない場合と、そういう言い方をしても明らかに効果がなさそうな相手の場合や、マイナスに出そうな相手の場合は、注意したいことは事務的に言うべきなんだよ。

酒はこわいから、うっかりそんなことをしちゃうかもしれない。でもそれは、後でその部分については謝って、でもここの部分は直してほしいんだよ。。と誠実に言うとかさ、相手にあわせたフォローをするのが部下を育てる上司じゃないか?

もと上司Wはとても酒癖が悪い。ベタベタ触るし、お店ののれんをとって旗みたいに振り回すし、怒りモードに入ると、蛇のように視線をそらしてくれず、「おめーの生き方はなってねぇ」と説教をはじめる。
私はその人の酒の人格は好きじゃないけど、そのことによって傷ついたりはしない。
いくらその人が私の生き方批判をしたとしても、その他の日常のつきあいによって、私の性格をどのようにとらえているかわかるからだ。
それが信頼関係なわけで・・。そして、その人はちゃんと酔った席でやりすぎたことは謝るしね。

ここ最近、酒の席の愚行・過激発言を許せる人と、許せない人の違いを比較して考えてみたが、結局コミュニケーション能力なんだと思うよ。

と、上司だけをせめてるわけではなくて、上司にひどいこと「言われがち」な人っているよね。
それってのもただただ「KY」だからだと思う。

そういうことを総合して、私がひどいことを言われた上司とのことを分析すると、私が人間関係を見誤っていたのが原因のような気がしてきた。

もともとその人の思想について、かなり好きでない部分があるのに、あまりきちんと気づいてなかった。もし、気づいていたら、酔ってもその部分を引き出さないように振舞うのに、信頼関係があるとか、意見をわかちあえる・・と思いこんで煽った面があった。
そこで、はじめて、その人との思想の激しいずれに気づいて、その後のその上司の発言のはしばしに気になるところを感じはじめて嫌悪状態に入った。

みんな誰でも、いいところも悪いところもあって、仲良くしたり信頼する人であっても、悪い面やあわない面を受け止めた上のつきあいなわけだ。

この上司についてもすべて嫌なわけではなく、いいところも知ってるけど、たぶん割合が思ったより違っていて、現在情報修正作業中なのかも・・・。
作業が終わったら流せるようになって嫌悪感がなくなるんだろう。
[PR]
by rurulilac | 2008-01-14 12:31 | 日記