音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

好きな音楽

ピアノの新しい課題曲は、フォーレの舟歌の4番。

なので最近よくフォーレを聞いてるけど、ほんとうに癒される。。
この間平日お休みでひとりだったので、朝からずっとフォーレを聞いていた。

ひとりで、掃除した部屋で。。本当に幸せなときだった。


私は昔から、印象派の曲が好きで、ドビュッシー、ラベル、フォーレは、大袈裟なんだけど、聞いてると、生まれてきてよかったと思う。

印象派の曲は、自分で弾いてても癒されるから、本当に幸せな気分になる。
今度の舟歌は、まだボロボロだけど、早く譜読みをして、弾きながら癒されるようになりたい。
[PR]
by rurulilac | 2007-04-28 22:29 | 音楽

休日

f0005826_20482732.jpg

f0005826_2048271.jpg


今日は久しぶりの休暇で、人間らしい生活ができて満足。掃除をして、DVDをみて、ピアノをひいて、そして庭の花をつんでガラスの小瓶に飾ってみた(上の写真)

明日からがまた勝負のように忙しいだろうけど。。もはや頑張るしかないよー!!
[PR]
by rurulilac | 2007-04-23 20:48

ピアノ

疲れて疲れてヘロヘロでございます。
毎日夕食が12時近く・・・ああ、普通の人に戻りたい。。

てなわけで、余裕が全くない私で、ピアノの練習もしてもないんですが、とりあえず今日レッスンにいきました。
ハノンしかやらず、悲愴は、残すところちょっとだけど、「今の疲れた状態で弾くのは無理、あれはスポーツだから」といわれ。。

確かに。体力なきゃひけない。

しかも、冬っぽいのを春に弾くのは先生は好まないので、来週から、フォーレの「舟歌」を弾くことになりました!!

きれいな曲だけど、舟歌って左手の動きがアルペジオなので、ちょっと苦手かもしれない。。
でも弾けるようになれば、これも弾きながら自分を癒せる曲だからいいかも☆

明日練習しよっと。
[PR]
by rurulilac | 2007-04-21 22:14 | 音楽レッスン

代理出産について

向井亜紀夫婦の代理母による出産について、親子関係が認められない話で、今代理母が話題ですね。

私はたまたま大学時代に生殖医療にかかわる勉強をしていたので、代理母についても少し勉強しました。最近は全く離れているので問題点の詳細は把握してませんが、でもその当時の解決されていないことは今も解決していないような気がしてます。

法律上のことや社会的な制度として考えることと、生物・科学として考えること、そして自分の身にふりかかって考えること・・・それぞれ全然違います。
だから、代理母問題について、すっごくいい!とも、絶対反対だとも思えないのです。

そう、机上の理論では正しい正しくない問題点はこれだ・・というのはいくらでも言える。。でも実際自分の身に起こった時の感情なんて誰もそういう立場にならないと考えられないのですよ。
いくらわかったことをいっても。
そういう意味で、私は、代理母の問題、ちょっと立場は違うけど、いろんな角度の視点でみることができます。
だけど、やっぱり向井さん夫婦の主張を手放しでかわいそう!認めてあげたいという気にはなりません。

というのも、私はこういう高度な生殖医療の結果生まれたお子さんとちょっと話したことがあるのですが、その人の苦悩には非常に考えさせられたのです。
生みたいというエゴだけで突き進んではいけない、、ということを冷静に考えるきっかけになった人でした。
どのような形で生まれても親は親、子は子・・と家族として幸せに進んでいけばいいと思いますが、医療の進歩のおかげで想定できない心のケアが必要になるわけです。

ただ、向井さん夫婦のように芸能人という社会的にアピール力がある人が、この問題に一石を投じることは非常によいことなのだろうと思います。
向井さんも、これからいろいろと苦悩するだろうけど、それは彼女夫婦の人生において非常に意味がつけられた感じがするのです。

私は、そのうち、不妊の人のカウンセリングをやりたいなぁという漠然とした夢があるので、代理母についてもまた学生のときに戻ってそのうち勉強しようかなと思います。
[PR]
by rurulilac | 2007-04-14 13:08 | 日記

最近のこと

3月中旬からずっと忙しく、ゆっくりとネットをする時間などない日々を過ごしていました。

仕事が忙しくなると、あいかわらず私はプレッシャーと戦う日々ですが、今年は1年で一番大きな業務の陣頭指揮をとるのも2年目となり、去年よりは少し元気に過ごしておりました。

しかし毎日毎日食事も尋常な時間にできず、睡眠時間もなくなると人間やさぐれてくるものです。こういう多忙な時期に私がブルーになる理由は2つあります。

1つは、ぐちぐち申し訳ないのですが、もともといいお母さんになって家庭にいたかった私は、おじさんのように午前様とかになる自分を「こんな人生なんてあり得ない」なんて思っちゃうんです。


そしてもう1つ、こんな人生あり得ないと思っている私を支える思想としては、今生で、人に迷惑をかけず、与えられた使命を一生懸命こなし、周囲の人に思いやりを持っていきれば、今生は願いはかなわなかったけど、次の世では必ず幸せになれる・・というものです。

最近この思想も、今生をあきらめまくっていることが、はたして徳を積むことになるのか?と疑問に思えてきたのですが、まあそんなかんじで次の世のために毎日を過ごしているかんじなわけなのです。

が、忙しくなると、周りの人にうっかり感情的な自分も出すわけで、仕事をする上で甘えてる人に対しても厳しい態度をとってしまうわけです。

そうすると、万人に思いやりを持ってという私の思想からずれてくるわけで、非常にくよくよと落ち込むのです。

そんなわけで、ここ最近は、2つの理由があいまって、あああいきるってなんだろう、いきていることがつらいなぁ・・・・なんて思っていました。

でもね、今日・・・・友達の愛する飼い猫が1ヶ月も前に亡くなったことを、はじめて彼女のブログで知りました。
1ヶ月も知らなかったなんて・・・・。
号泣しまいた。泣き崩れました。

友達とあったとき、自分の猫のいたずらの話をする私に、彼女は「元気がいちばん!」といいました。そう。生きることに本当にむきあう人は、軽々しく生きていたくないみたいなことを言わないのです。

私の今日の号泣は、自分の浅はかさにたいしてというのもあります。

猫でさえもあたえられた命を一生懸命に生きている・・・。
私もくよくよしてないで「元気がいちばん!」・・・働ける自分に感謝しなくちゃいけないのに。
[PR]
by rurulilac | 2007-04-14 01:09 | 日記