音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Every Single Day

f0005826_22321091.jpg

先日行われたゴスペラッツのライブを書くつもりだったのですが、今日は旦那が飲み会で、ひとりでまったりする時間ができ、先日購入した、BONNIE PINKのベスト版を聞いていたところ、ゴスペラッツじゃなくてBONNIEのことを書きたくなってしまいました。

いやー、BONNIE!えびちゃんのアネッサのCMソングを歌って以来人気爆発で、テレビにもたくさん出ているし、アルバムも売り切れ続出みたいです。すごいよ!
私の上司はとてもまめなやさしい方で、BONNIEの番組をいろいろとDVDに落としてくれるんだけど、それくらい頻繁に番組に出演してるってことだよねー。

私とBONNIEの出会いは、当時まだ結婚していない私の旦那が家に遊びにきたときに、「これ、かっこいいよ」とおいていったCDです。
彼の勧めは一回必ず否定することから入る私ですが(笑)、このCDも一旦否定して、彼が帰った後ひとりで聞いてみると・・・・なんだかすごく心地よくいいではありませんか!!!
この日から私のBONNIEのファン歴ははじまりました。
10年前の旦那に感謝です☆

当時BONNIEは頭がピンクっぽい赤毛のショートカット。ライブも今より荒削りで、ジャージを着て登場!みたいなボーイッシュっぽい感じでした。
ところが今はすっかりSEXYな女らしい素敵なお姉さん。ライブもしっとり落ち着いてアーティストの風格があるし歌もとてもきれいでうまいです。衣装もいつもとてもかわいい☆

そうそう、若い頃って女っぽいことに反発したり、世の決められたことに反発したかったりしますよね。
私も成人式がかっこわるいと思ったり・・・今考えるとよくわからない反発心がありました。そんな若者の頃の心を共有したような感すらあります。

このアルバムは1995~2006と彼女のデビュー以来の10年が刻まれてます。
今聞いてもかなりお洒落でシュールでいい感じの曲がたくさんあって、改めてBONNIEのセンスを感じます。特にLie Lie Lieはホントお洒落。この曲、たぶん流行らなかったけど、
トヨエツ主演の映画にもなったんだよ。藤沢の寂れた映画館に見にいったなー。
Heaven's Kitchenは自分の結婚式のときにライブやって歌いました。
本当に懐かしくていい曲ばかりのアルバムです。

このアルバムに入ってない曲にもたくさん支えられました。10年間は私が就職した年月と重なります。こんな長い間私は彼女の曲とともに過ごしたのですね。

地道にファンでいた10年でしたが、彼女がブレイクしてうれしいとともに、ちょっと寂しいファン心理みたいなものもあります。。。が、BONNIEの曲なしで私の生活はあり得ない。。これからもどんどん素敵になって、素敵な曲を提供し続けてほしいです。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-28 22:32 | 音楽

誕生会

f0005826_22412546.jpg

昨日はうちのかわいい娘(猫)の誕生日でした。やっと1歳になりました☆
便乗して誕生会と称し、ケーキを買ってきました。
ケーキは苦手なんですが、NEW YORKなんたらの、もものタルトは泣けてくるほどおいしかったです。さわやかなヨーグルトムースに桃がたっぷり。タルトはさくさく。ああーまた食べたいー。

そして、みもざに花の首飾りをつくりました。
f0005826_22431724.jpg


親ばかぶりは、こちらをご参照ください。

ついでに花屋で素敵なブーケを買ってきました。私が選ぶのはいつもこんな色・・。
f0005826_22454842.jpg



今日もベロフ様のスーパーピアノレッスンの録画を見てよい気分。ほーんとパリの香りがぷんぷんして素敵だわー☆
[PR]
by rurulilac | 2006-07-23 22:46 | 日記

最近

f0005826_13254919.jpg
f0005826_13262421.jpg

うちの庭です。
最近体調が悪かったのと暇がなかったのと雨が降り続いている・・というたくさんの言い訳でほったらかしていたら、すごいことになりました。
もうジャングル状態です。
アイビーを植えているのですが、家にはってきて、このままでは甲子園球場になってしまう!!と恐れをなし、今日ちょっとだけ頑張って剪定しました。

ガーデニングはすごく体力消耗するけど、頭疲労と違って爽快な気分になるね。

この夏休みは朝方ガーデニングにも精を出して、ちょいとキレイにしなきゃなーと思ってます。

それにしても私には時間がないです。1日の仕事以外の時間で家事やら庭やら練習やら、やらなきゃいけないことはたくさんあるのに、疲労して動けないということでさらに時間がとられてしまって時間がないことにイライラ~。
最近は毎日曜日に歯医者に通ってるんで、週休3日にしたいくらいですわ。

といいつつブログに逃避したりして。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-22 13:30 | ガーデニング

サイパンから帰還

2泊3日でサイパンに行ってきました。
1ヶ月間頭痛と顔面痙攣が続くので、サイパンでゆったりすれば治るかなーと思ったら、うーむやっぱり治らないなぁ。
年度末の仕事の疲れにしちゃ長すぎないか??

とはいえ、スパに水泳においしい料理でかなり満喫してきました。楽しかった!
やっぱり全く気を遣わなくて冗談もノリも共通する旦那といくのは楽で面白くてよいです。

というわけで、サイパンは楽しめたものの、まだまだ体調がよくなくて、気分も沈みがちです。
職場の医者には休息が必要といわれたので、一旦声楽のレッスンをやめて毎日少しでも家に早く帰るようにしようかなと思いはじめました。

声楽は、まだまだ全然モノにしていなくて、この間も発表会のDVDを見て気絶しそうになったところなので、もう1年か2年くらいちゃんとやったほうがいいと思うのですが、体調が悪くどうも気乗りがしないのであります。まあ一旦やめて、やりたいという情熱が出てきたらまたはじめればよいかなと。
一期一会人間で、先生に情がうつっているので、やめると言い出しにくいのが問題なんですがねぇ・・・・・。数日中に結論を出すつもりです。


サイパンについては、そのうち自分のHPでアップしたいと思います。
今回もきれいな空気・海、そしてやる気のない町に癒されました。
しかしサイパンってかなり寂れていて、本当に大丈夫なのか心配になってしまいます。
ハイアットリージェンシーの雰囲気と気軽さが好きなんでリピートしてますが、あの島は人によって好きか嫌いか分かれるだろうから、人に勧めるのはちょっとなぁと改めて思いました。
でも、たくさんの人が行ってお金を落とさないと、本当に寂れちゃうよ。

サイパンの帰国便の中と帰国後、サイパンを一部舞台としている吉本ばななのアムリタを読んだら、ちょっとブルーになってしまいました。
サイパン療養のつもりがちょいと逆効果・・・。

この頭痛、もしかすると梅雨とか気圧とかのせいかもしれないので、早くすっきりとした夏になってくれないかなぁと待ち望んでいます。

今年の夏休みは特に予定も入れず、家事をして専業主婦気分を味わい、ゆったり休息して体調を整えたいと思います。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-19 23:02 | 日記

サイパンから帰還

2泊3日でサイパンに行ってきました。
1ヶ月間頭痛と顔面痙攣が続くので、サイパンでゆったりすれば治るかなーと思ったら、うーむやっぱり治らないなぁ。
年度末の仕事の疲れにしちゃ長すぎないか??

とはいえ、スパに水泳においしい料理でかなり満喫してきました。楽しかった!
やっぱり全く気を遣わなくて冗談もノリも共通する旦那といくのは楽で面白くてよいです。

というわけで、サイパンは楽しめたものの、まだまだ体調がよくなくて、気分も沈みがちです。
職場の医者には休息が必要といわれたので、一旦声楽のレッスンをやめて毎日少しでも家に早く帰るようにしようかなと思いはじめました。

声楽は、まだまだ全然モノにしていなくて、この間も発表会のDVDを見て気絶しそうになったところなので、もう1年か2年くらいちゃんとやったほうがいいと思うのですが、体調が悪くどうも気乗りがしないのであります。まあ一旦やめて、やりたいという情熱が出てきたらまたはじめればよいかなと。
一期一会人間で、先生に情がうつっているので、やめると言い出しにくいのが問題なんですがねぇ・・・・・。数日中に結論を出すつもりです。


サイパンについては、そのうち自分のHPでアップしたいと思います。
今回もきれいな空気・海、そしてやる気のない町に癒されました。
しかしサイパンってかなり寂れていて、本当に大丈夫なのか心配になってしまいます。
ハイアットリージェンシーの雰囲気と気軽さが好きなんでリピートしてますが、あの島は人によって好きか嫌いか分かれるだろうから、人に勧めるのはちょっとなぁと改めて思いました。
でも、たくさんの人が行ってお金を落とさないと、本当に寂れちゃうよ。

サイパンの帰国便の中と帰国後、サイパンを一部舞台としている吉本ばななのアムリタを読んだら、ちょっとブルーになってしまいました。
サイパン療養のつもりがちょいと逆効果・・・。

この頭痛、もしかすると梅雨とか気圧とかのせいかもしれないので、早くすっきりとした夏になってくれないかなぁと待ち望んでいます。

今年の夏休みは特に予定も入れず、家事をして専業主婦気分を味わい、ゆったり休息して体調を整えたいと思います。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-19 22:57 | 日記

元気を回復の掃除

f0005826_23332244.jpg

この週末は元気を取り戻すために片付けました。
私の静養にとって片付けは重要で、潔癖症の家で育ったため、汚い部屋だといらいらして落ちつかないんです。
自分自身は潔癖じゃないから散らかすんだけど、きれいじゃないと体の調子が悪くなるという最悪の状況・・・・。困ったものです。

掃除してピカピカじゃなきゃ!というよりも、たんすの中とか冷蔵庫の中とか、そういうところがぐじゃぐじゃなのが落ち着かないんですねー。。

きれいにしたのでだいぶ元気になったかも。
でもパソコンに向った途端、顔面痙攣をし出すので、パソコンは控えようかなと思っています。

f0005826_23363491.jpg

楽天で買って届いたディプティークのキャンドル。
ちょっと高価だけど、長く使えます。火をともしてなくても上品な香りが漂ってきて○です。


今日の夜のBGMはヨーロピアンジャズトリオ。落ち着いたジャズを聴いてゆっくり・・・。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-09 23:37 | 日記

フランスのエスプリ

最近私は勝手にフランスブームなのです。

というのも、悪女の美食術(福田和也巴里の空の下オムレツのにおいは流れる(石井好子)をたてつづけに読んだからです。

前者は美食家の贅沢な本。一般人には別世界が広がってますが、どうせ食べるならばおいしいものをという精神のみは納得できるかな。後者はずいぶん前に筆者がパリに住んでた頃のレシピなど。。ちょっとしたものがとてもおいしそうにほのぼのと書かれています。

両者ともに、フランス人の特徴として、身なりよりも食費に高額を投じ命をかけているということをあげています。書いたときは30年以上違うのにフランス人の精神はかわってないのですね。

私は洋服はガツンと買えるのですが、同じ値段を食事に投じることにはやっぱり躊躇するなぁ・・・2万円とかのコースなんて、ひえーという感じだもん。
だけど、この2冊を読んでいると、たまには超本場のフランス料理を食べてみたいなぁと思いました。その際はワインもけちらず。。。。

フランス旅行のことも、これに乗じて思い出してみました。私はパリには2回行ったことがあります。
2回とも、なんとなく危険を感じてそわそわしてしまいあまり居心地がよい国ではなかった印象があります。
よくフランス人は英語を話さないといいいますが、本当に話してくれません。先進国なのにびっくりするほどです。
そんなだから、牡蠣を頼んだら、これ5人前ですか?くらいの牡蠣が出てきたり、地下鉄の自動改札から出られなかったりいい思い出はほぼありません。

でも1つだけ。ドビュッシーの生家に行ったときに、町の小さなビストロに行きました。
その町は日本人の観光客は皆無で、当然メニューは全部フランス語です。
第2外国語がフランス語だったけど全く役にたたないほどの少ない知識を駆使して、やっと「これはお昼の定食だわ!!」ということがわかりました。
早速オーダーすると、前菜とメインとデザートをそれぞれ選べることになっており、どんな種類があるか説明してくれるけど、魚と肉しか聞き取れないんです。。。
そんな中、厨房で1人だけ英語が話せる人がいるということで、コックさんが説明してくれ、おいしい料理にたどりつきました。
そこのお店は親切でおいしくて本当にいい店でした。
デザートのフランボワーズのケーキがとてもおいしくて、いまだに忘れられません。

と、フランス旅行のいい思い出はちょっとですが、音楽は高校生の頃から断然フランスの曲が好きです。

NHKでスーパーピアノレッスンという番組があり、超高度なテクニックで一般人には全く参考にならないよ、おいおい!とつっこみを入れたくなるくらい参考になりません。(笑)
しかし、高度すぎるからこそ、もう芸術鑑賞的に楽しめるんです。
前は、はげた(失礼)おじさんが、汗をふきふき(ハンドタオルでは無理で途中からバスタオルみたいなタオルになった)教えてましたが、最近はミッシェルベロフという、印象派をよく弾いているピアニストが教えています。
曲もドビュッシー、ラベル、フォーレ、と私の好きどころです。
ベロフさんは汗もかかず(笑)、素敵なシャツをお召しで、もーフランスのエスプリ満載で聞きほれます。生徒さんもうまいけど、ベロフさんがさらりと弾いたら、ピアノをわからない旦那も「全然違うよ(@_@)」とびっくりしてます。
(旦那はあまりに感激したのか、テキストを買ってきてくれました。笑。)

そんなわけで、なんだか急にフランスのエスプリにふれてみたくなっている、超日本人の私でした。
うーむ、もっと日々、芸術活動がしたいものですー。
東京芸術大学がルーブル展をやってるらしいから見にいきたいです。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-09 00:17 | 日記

調子悪い

f0005826_2381410.jpg


3週間くらいずっと頭痛が治りません。
頭痛とともにむくみもあり、朝起きてすぐにひどい倦怠感があります。
まぶたの上が痙攣していたのですが、とうとうそれが頬まできて、今日は顔面半分痙攣状態になってしまったので、医者にみてもらったところ、睡眠をよくとっても治らないようだったら血液検査か尿検査をするけど、たぶん疲労で、梅雨どきの天候もあいまって、治らないんだろうと言ってました。

そんなわけで、反省して、今日は旦那が飲み会だったので、ひとりで玄米ご飯をたいて、野菜と豆腐と春雨(キムチいり)のお鍋で、たっぷりの野菜をとりました。
ボサノバを聞きながら。

なんだか癒されるひとときでした。

帰りがけにVERYなんて普段買わない幸せ主婦雑誌を買って、最近幸せ自宅ライフを満喫する余裕もないので、雑誌を読んで幸せ妻をイメトレしようと思ったけど、やっぱり私にあの人たちの余裕ライフの真似をするのは無理だわな。

なんで、素敵なインテリアとか家をきれいにしようってとこだけいただくことにしました。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-07 23:13 | 日記

最近のお気に入り

最近の私のお気に入りのご紹介。

★「巨匠に教わる 絵画の見かた」 視覚デザイン研究所編

1850円とお高めだけど、オールカラーで、ルネッサンスから20世紀美術まで、画家ひとりにつき3~4点を解説してます。
ほかの画家のコメント(例えばセザンヌの絵に対するダリのコメントとか)や鑑賞のしかた、時代背景、のちに影響を受けた絵画などなど、教科書のようでとてもわかりやすいのです。

画家別のページの合間に、ちょっとしたトピックコーナーがあって、「ゴーギャンが見た(パクった)絵画のポーズ」、とゴーギャンの絵のもととなっている絵とゴーギャンの絵を比べてみたり、マネの「草上の昼食」など、スキャンダラスな絵を並べてみたり・・・・。

もしかしてもしかすると絵画にくわしい人は、なんだ!この本は??と思うものかもしれないけど、絵画ド素人の私にとっては、ほーんとわかりやすくて楽しい本なのです。
わくわくわくわくここ3日間くらい釘づけです。あー楽しい。


★「A Perfect Sky」 BONNIE PINK

えびちゃんの日焼け止め(アネッサ)のCMで問い合わせ殺到になり、CD化した曲です。
えびちゃんもいいけど、この曲のPVのBONNIEはすっごくいいよ。海にキラキラととけていきそうなBONNIE。。とてもきれいです。
でも実際はサイパンの撮影で日焼けで、やけどしてしまい大変だったみたいです。

ちょっと切ない系のサウンドだけど爽やかで、いかにも夏!
カップリングのFreeもこれまたびっくりするほど私のツボ。
BONNIEと私の音楽のツボってまるきり一緒なのかなぁーと思うほど、もう私BONNIEなしの音楽ライフは考えられません。
Freeは私が昔聞いていた何かの曲によく似てて、その曲が思い出せない。。。なんだろう。。。。思い出したい・・・とそーんな少しノスタルジックなサウンドでもあるのです。

シングルCDだけど、買い!です。
初回盤はレジャーシート付きだったみたいですが、売り切れてました。

9月のBONNIEのコンサートが楽しみです。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-03 22:30 | 日記

今日は忙しかったよ

f0005826_234368.jpg
f0005826_2341868.jpg


今日は5人生徒を教えた後ヨガに行きました。
ヨガは90分コースで、いつもは60分しかやってないので、かなりつらかったー。
というわけで、週末ワイン会(いつもの自宅飲み)も、酔いが回るの早かった。

パスタはタコのラグーソースだよ。ケーパーも入れてみました。


あっという間に一日が終わってしまった。日曜日なのに時間にとらわれて忙しい一日だった。
やっぱり生徒5人は多いなぁ。トホホ。

ところで、橋本龍太郎さんがなくなってしまったね。
岡田眞澄さんのときもそうだったけど、若くてまだまだ現役の人が亡くなると、どんなに元気でも人間死んじゃうんだよなーって実感して、なんだかとてもしみじみしてしまうよ。
人生悔いのないようにしなきゃね。
[PR]
by rurulilac | 2006-07-02 23:08 | 自分の料理