音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

父上

ふと思いついたこと。
父の日には楽譜をプレゼントしよう。

私の父は、芸術家でもなんでもなく普通に仕事をしている人だけど、すごい声を持っている人なのだ。声楽を志すものとして、親ながらあの声はうらやましいほどである。

高校のときにコーラスをやったっきり、ちゃんとした歌い方は習ってないというが、それにしてもからだの力が完全にぬけた声量のある明るい声を出す。私が声楽の先生に注意されてもできないことを、自然とやっている。くー。
まあその分、日ごろの話す声も腹から出しててうるさいという難点があるが。

昨日、発表会でMattianaというイタリア歌曲を歌っているおじさんがいて、とてもいい気分になった。早速パバロッティのMattianaを聴いてみたら、イタリア歌曲っぽい明るさや華やかさに溢れていて、地中海・・・太陽・・・と行ったことないけど、ラテンっぽい風景がパーッと広がった。
昨日のおじさんは声が高くて細いかんじなので、ロマンティックだったが、もっと情熱っぽいかんじ。あ、これは父に歌わせたら絶対いいに違いない!

というわけで、父に譜面を送って、私が伴奏を練習し、今度実家に帰ったら歌ってもらおう!と思いたった。父の日に伴奏をプレゼントなんてちょいと洒落てないか?と自己満足。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-30 00:16 | 日記

声楽発表会

今日は声楽の発表会でした。
曲はモーツァルトのドンジョバンニとグノーのアベマリア。
今回は、激務で時間がなくて完全なる練習不足!(言い訳です。はい。)
平日の代講を休日にやってもらったものの、仕事の疲れでヘロヘロ・・・モーツァルトの歌詞を覚えたのも昨日でした。あー来年はこの時期に出るべきじゃないですね。

リハで、案の定、歌詞に気をとられてとまってしまって真っ青。。。本番は歌詞を見て歌うことにして、真っ白になり立ち往生になることからは救われました。よかったよかった。

旦那が結構直前にきたら、コンサートが巻いていて、私の演奏の時に入れなかったらしく、客観的評価がわからないというのが今回の悲惨な出来事。なんてこった。アホだー。
声の感じとか一般人の感想を言ってもらいたかったのに。

実は声楽にせっぱつまっていた最近、「私は声楽が好きなのか疑惑」というのが浮上してました。
というのも私普段声楽曲を全く聴かないから、曲の演出のイメージがわかないんですよ。オペラは見にいけばそれなりに楽しいけど、家で見るほど好きではない・・・聴いていてちっとも癒されないし・・・。
だけど、発表会に出たおじさんがプッチーニの歌を歌っていて、その曲はとても美しく、ふわふわと曲のリズムに乗れていいなーと思う曲でした。私はきっと声楽の曲を知らないからいい曲にめぐり合ってないんだわ!だから疑惑が浮上するんだわ。やっぱり歌いたいとか弾きたいというのは目標とか胸騒ぎがするくらい好きな曲に出会わなきゃね!
・・・・というわけで、「声楽が好きなのか疑惑」を解消するために、声楽曲いい曲めぐりの旅に出ることにしました!!(つっても旅に出るわけじゃなくて、CDを聞くだけ)

ピアノのほうは、昨日のレッスンで、暗く重く私を悩ませていたショパンのノクターン(遺作)が終わり、これまた9月の発表会の曲、ドビュッシーのロマンティックなワルツに移り楽しくなりました。やっぱり好きな曲が練習にも身が入りよいですね。

+ + + + +
話はかわりますが、私はビジュアルブックが好きです。
インテリアとか、外国の写真とか、きれいな色づかいの本を眺めているのが好きです。
雑誌だとフィガロとか。
f0005826_2201987.jpg

写真はお勧めの本。
1つは「こんな風に食べるのが好き」
ちょっとした食べ物を、きれいな和食器や北欧の食器など、ちょっとしたこだわりのある器なんかにのせておいしくいただくという本。なんてことないんですがちょっとしたセンスが感じられ、食べ物がよりおいしそうです。
2つめは「My life's in the bag
私の敬愛しているBONNIE PINK の初のエッセイ集です。
私は左脳よりの人間なので、常日ごろ「右脳よりの人間になりたい。目指せ芸術家!」と思っています。素敵な芸術家というのは天然であったり社会的にちょっとな面もあるけど、どこかにキラリとしたセンスを持っているからね。センスがある人に憧れてます。
BONNIEは私にとってこうありたいという芸術家。彼女の作詩、曲のコード展開、好きなものが私の世界観に近いから、彼女の目に映る日常のスパイスにとても興味を持ってます。

彼女の部屋のインテリア・飾っているポスター・好きな映画・・・うーん、なんだか情報満載でうれしい!!ホントセンスいいわ。特に30すぎてからがいいんだよね。
芸術家って努力でなれるもんじゃないけど、世界観の近い人からもっと広い世界を吸収すれば一歩芸術家に近づけるかもしれない!目指せ!芸術家(笑)

これ見てまたギターも弾きたくなってしまいました!よし、またやり始めるか。今度は習わずひとりで。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-28 22:19 | 日記

週末ワイン会

f0005826_1047852.jpg

ワイン会といっても自宅で。
最近ワインばっかり飲んでます。
今日はイタリアン風にあわせてイタリアワイン。
早く飲めておいしいワインだった。デイリーワインによいかも。
メルローとカベルネで、私はどうもそれらのぶどうがあまり得意でないんだけど、これはヒットだった。ぶどうが苦手なわけじゃないのかなー。

食事は最近玄米ご飯に野菜とマクロビを意識してますが、今日もパスタソースにガルバンゾー豆を入れてみました。豆ってパスタソースに意外とあうんだわー。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-28 10:45 | 自分の料理

ほぼ終了

f0005826_10345272.jpg

昨日でこの2ヵ月半おやじのように毎日遅くまで従事した仕事にようやく一区切りがついた。
後ろ向きになったりやめたいと思ったりしたが、いろいろと原因を冷静に考えて、まあ、来年はもっとうまくできるだろうという前向きな気分になって終焉を迎えた。

それもこれも水曜日の休みがよかった。
気分が入れ替わってとてもリフレッシュできたのだ。こんなことなら忙しくても無理矢理1日休みをとればよかったと思った。

で、どんなに忙しくても週末はこどものピアノのレッスンなんだけど、おやじのように仕事をしていると家事などできるわけないので、当然家は荒れ果てるわけだが、朝の2時間でとりあえず写真の状態にしなければならないのだ。(涙)

これがまた疲れるのだけど、そのおかげで、私の家の1階は、1週間に1度リセットされるので、まあ荒れ果てたまま2ヵ月半ではなくてよかったと思う。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-27 10:41 | 日記

今日はお休みだったので

f0005826_2354663.jpg

ゆっくりしようかなーと思ったけど、結構家事に追われてゆっくりもできませんでした。
ほら何事も気分次第だし!!ということで、花でも飾れば少しは余裕がある生活気分になれるかしら・・・。

今週声楽の発表会が終わったら、もう1日くらい休んで、まだめまいやだるさが残っているので、完全に治したいです。

6月からはインテリアにも目覚めたいわー。

お花の色は最近いつもこういう色を選びます。なぜなら家具の色にあうから。薄いピンクとか黄色はなーんか家具との相性がイマイチなのです。

そういえばバラの季節ですね。近所のバラもきれいだし、うちの庭にもプチなスプレーバラが花を咲かせています。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-24 23:10 | 日記

四季咲きミモザ

f0005826_23234820.jpg

今年初めて咲きました。四季咲きミモザです。
普通のミモザよりあっさりしている感じかな。
この木は祖母からある記念にもらったお金で植えたいわば記念樹です。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-21 23:26 | ガーデニング

本来の生活

ここ最近、日記が仕事の愚痴を引きずったくらーいものになってしまいすみません。

音楽を聴いたり演奏したり料理つくったりという好きなことやってないとどうも心がすさむらしく・・・。いかん!いかん!いかん!
よし、もー来月からは好きにさせてもらいます。(笑)

口内炎できまくりを治療すべく、野菜中心の食事をしています。
マクロビが気になっているので、今日は玄米を炊きました。そして、カレールーを使わないで体にやさしい野菜たくさーーんのカレーを作りました。
酸味を出すためにカットトマトの缶詰もプラスしてやさしい味になりました。

f0005826_0102569.jpg


マクロビでは卵・牛乳・肉は使わず完全菜食主義なんですが、そこまでいかなくてもよく、野菜をとれればOKなんでコンビーフも加えてみました。

これは猫つながりのミュシャさん家のカレーのブログを見て作りたくなったのですが、ミュシャ家では、ゴルゴンゾーラなんて洒落たチーズをプラスしており、真似しよーと冷蔵庫にあったはずのブルサンを加えようとしたのですが、どうも古びていたのでやめました。残念!
次回はチーズ入りに挑戦です。

サラダはひじきを加えてマクロビを意識☆
f0005826_0121021.jpg


ところで話は全然違いますが、iPODって便利だわー。今更そんなことを言っている時代遅れのな奴です。
うちは義理の兄姉がかなりの音楽好き&凝り性なんで、こういう便利なものはいち早く取り入れており、我が家が一番遅れてるのですが、ようやく、義理の兄姉の話題についていけそうです。
CDとしてジャケットも保存しておきたいものでなければ、1曲買いできるのがいい!!

本日たまたまケーブルTVでジャズのビッグバンドの演奏を聴いていて、La Fiestaという曲を耳にしたとき、なんとも言えぬ懐かしい気分になりました。
これは、たぶん大学のとき、私がビッグバンドのジャズサークルに入りたかったのに初心者ということで泣く泣くあきらめた憧れのバンドがやっていた曲なんだと思います。
あーとてもノスタルジック。ビッグバンドジャズは今でもかなりやりたいし憧れです。
しかしテナーサックスなんてもはや今ふけないだろうな。

早速iPODのミュージックストアで探したところビッグバンドものはありませんでした。
でもミッシェルカミロ&トマティートというラテンピアニスト+ギタリストバージョンがありました。
そういえば8、9年前にミッシェルカミロ&トマティートのライブに行った時に演奏されてたものでもあったわけです。
2倍にノスタルジック(泣)

今、1曲買いしたLa fiestaを聴きながら、(おまけにカーディガンズのLove foolも買った)楽しい気分になってまたまた日記を書いている私なのであります。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-21 00:15 | 自分の料理

職場の若者の性格指導

いやはや、疲れがどっと出たのか、口の中は口内炎多発でご飯を食べるのが困難だし、眩暈がするし、何よりマイナス思考だし(笑)。。疲労するとマイナス思考にもなるっちゅーの。
何気に大変な1週間でした。
火曜日は声楽のレッスンだったのに、日曜日にピアノあわせをやって満足したのか、すっかり忘れて、昨日ふと「あれ、私火曜日レッスンに行ってないわ・・・」と無断欠席に気付く始末。アホだねー。

さて、今日は子供たちのピアノを見たあと、体調が悪かったので、自分のレッスンはお休みしました。ゆっくりして回復したので、最近とみに私をいらいらさせている職場の若者のことについて書きます。

私も3?歳、職場においては後輩を指導するお年頃です。業務の手順・問い合わせ対応というのは、もちろん教えるべきことですが、もう1つ職場における振る舞い=本人の性格の悪いところ矯正するというのも課題だなーとしみじみ思うのです。

人にはいろいろ性格があり、成果さえあがれば人となりは関係ないかもしれないという見方もあるけど、仕事はできても、周りに疎まれたり、嫌な思いをさせたりというのは、例えばチームプレイがうまくいかない、うまくいくやり取りが「げ、こいつ嫌い」と思われることにより周り道するなど、せっかくのプラス面を差し引くわけで、間接的にとても重要だと思うのです。

しっかし、業務の間違いを指摘するのは簡単だけど、性格の悪い部分を指摘するのはかなり難しいんだなー。
前の職場にも、仕事は(作業的に)できるけど、空気が読めなくて相手を怒らす、自分の意見をまげない・・という頑固な子がいて、何度か注意しようとしたけど、全然ダメなんだよね。でもその子は30歳という、もはや性格改造が不可能なお年頃になっているので、もう諦めてた面もあります。


今、私が課題に思っているのは職場の一番若い子。まだまだ矯正可能な年?!
人の間違いを指摘するのが大好き。大きな声で「○×さん、これ間違ってますよー」とか「あああ、これ△○さんの間違いだー」なんてみんなの前で言います。

最初はチェックが厳しい子だなと思ってたけど、誰でも間違いはあってお互いさまなんだから、人がいないところでそっとその人だけに言う、別にたいした間違いじゃないんだから、自分で直しておくなどできないものかな?と非常に聞き苦しく思うようになってきました。
さらに、わからないことがあると「退職した××さんがマニュアルを残してくれなかったからわからなかったー」と人のせいにする発言をします。
底意地が悪い子じゃなく、思ったことをそのまま言うんだろうけど、私は人のせいにするっていうのは大嫌いなので、最近だんだんイライラしてきました。

ほかにも、あああー上司がいるときにそれを言うかーなどの空気が読めない発言も多発。。。

さらに、ほめられたいという意識が強いのか、その子と他の子がやっていた仕事について、課長が他の子だけに「1人でたくさんやってるじゃん」と声をかけると、あからさまに課長に聞こえるような声で他の人に「私これ、今日たくさんやったんですけどー」と言います。
別にやってることなんてアピールしなくてもわかることなのに・・・・。

こういう子、今は「若い」とか「裏表が無い素直」とかいうのですまされるけど、28歳をすぎてくると、空気が読めない、うぜー奴という評価に急激に変化します。
そんな例を何件も知ってるだけに、というか、28歳のときに周囲の我々世代に関する評価の劇的な変化をまざまざと感じただけに、どっかでこの子に空気を読んで発言することや、間違いの指摘には思いやりを持つことを指導しなきゃならん・・・と思うのですが。。。。。

そして、最近気付いたのは、人の間違いは指摘するわりに、自分の間違いが発覚すると、「ごめんなさい」の一言がないこと・・・。
これには本人にとってとてもいい効果があって、誰もあやまらず笑って終わると、間違った人が誰だかわからなくなる効果がある。。自分の間違いを人に認識されないようにするテクニックなのか?
謝るっていうのは一番の基本なんだけどな。

ああ、やっぱりこの子性格悪いのかな。。。
さて、大人になるまでにこの子の性格改善指導をどうやって行っていこうかねー。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-20 19:50 | 日記

占い

この間占いをした。
某ルミネにある開放的で気軽に行けるところだ。

とはいえ、いつも行ってるわけではなく神も信じたくないくらい辛いことがあった時に行ったきりだ。

私はあまり独りで辛いことや悩みを抱える寡黙なタイプではなくて、人に言っちゃって客観視して楽になりたいんだと思う。
だけど、あまりにキツイ悩みだと、人に言えばひかれるだろうし、同情を誘うようでかっこ悪い。なんで、占い師に悩み事を言って、診断してもらうことにより、悩みを客観化して自分の中で消化しようとしてるんだと思う。
ま、感情が入らない淡々とした悩み相談場てとこかな。
友達に相談するのと、悩み相談みたいなものだと、その人の自分の意見や考え方で回答されるけど、占い師はあくまでも個人の意見が入らない状態(少しは入ってるんだろうけど)ってのがいいところだ。

今回は、きつい悩みでも人に言えない悩みでもなく、仕事をやめたいと本気で思ったので、どう思うか聞いてみた。

笑える大当たりな結果↓

私は、元来仕事をすることに生きがいを感じる人ではなく、できればゆったりと家で暮らしたいと思う人であり、面倒臭がりな面がある。
だけど、働くとなると、「なまけていると思われたくない」「できないと思われたくない」「人に信頼される人でありたい」という気持ちのみが原動力となり、決して弱音を吐かず無理をする。嫌といわないので、周りがどんどんいろんなことをおっかぶせてくる。

でも、料理が好きで盛り付けやテーブルセッティングなんかにもこだわりたいので、余裕がなくなってそういうことができなくなるとストレスを感じはじめる。

だけど、経済的安定を何より重視するので、自分の収入がなくなるとやっていけるのかと不安になり仕事はやめられない。

↑私は生年月日と生まれたところと結婚しているということと、仕事が忙しく体がきついのでやめたいという情報のみ伝えた。

たぶん私を知っている人はひえーってなるくらいそのままじゃない??
だいたい、仕事への態度はまだ当てやすいとして、なんで料理とか盛り付けとか知ってるのよ!?透視?

で、結論は、経済的に不安が強い私の特性から、辞めることに急ぐのは得策じゃないので、まずは転職先を探すとか、あるいは職場の人に正直に仕事がきつすぎることを相談してみるのがいいんじゃないかというご指導だった。

おまけに喉が弱いという指摘もされ、私は咽頭炎ですぐ熱を出すので、それも当てられた。
恐るべし。占い師。

注目したのは、私が「なまけてると思われたくない」「人に信頼される人でありたい」というのを原動力としているという点だ。
私の上司はとても天才なので評価が厳しい。
今必死に働いているけど、まざまざと自分の能力不足を感じることが多い。きっと上司もまだまだだなーと思ってるに違いないと思う面がたくさんある。

これまで、たとえ仕事がきつくても、幸せなことに上司や後輩に頼りにされていることを感じることができ、きっとそれだけが原動力だったんだろうと思う。今は忙しさをカバーする電池が不足してるんだろう。もう心身ともにヨレヨレだ。口内炎もできまくり。

生きる価値っていうのは、人に必要とされてると思えることじゃないかと常々思っている。
それは、お母さんやお父さんが子供に必要とされていること、お医者さんが患者に必要とされているなど様々な必要性の形があると思う。

そんなんで、家庭でもちゃんと家事をする時間がない、職場でもいたらなさに落ち込む、完全によりどころがなくなった状態になってるから、こんな打ちひしがれてんだなー、私。(-_-;)
[PR]
by rurulilac | 2006-05-19 00:28 | 日記

としとりました

f0005826_23284964.jpg

忙しくてボロ雑巾のようになっている間にとしをとった。
キリのいい年ではないので、あまりショックを受けたり感慨深かったりせずフツーの1日として忘れてしまいそうなかんじだ。

そんな中、今日は朝からプレゼントをもらったり、声をかけてもらったり、たくさんメールももらい、人の温かみを感じた。
何気ない1日をちゃんと記憶してくれる周りの人に感謝☆

そして、自分が、他人のことにちょっとした気配りや思いやりの気持ちをもてる余裕を最近全く持っていないことにとても反省をした。
もっと丁寧に他人を思いやれるくらいの心の余裕を持たなくちゃいけない。
メールがきたらすぐ返すとか・・。もうそんなのもできない今日この頃。

最近ホトホト疲れて、自分の身の処し方はこんなんでいいのか?とばっかり思ってる。
ずるずる働いて疲弊して人生を終えていってそれでいいのか?

まだ答えは出ないけど、ネガティブシンキングのあまり、占いをしてもらって、とってーも面白いことを言われたので、それは次の日記で披露することにしよー。

さて、今日は誕生日なので、いつもより高めのワインをあけてみたよ。
[PR]
by rurulilac | 2006-05-15 23:43 | 日記