音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

カテゴリ:ワイン( 3 )

昨日はお友達に誘われて、異なるリーデルワイングラスでワインを飲み比べるセミナーに行ってきました。

単発のワインセミナーにはこれで3,4回目?これまで行ったセミナーは葡萄の違いを飲み比べるというものだったけど、グラスで違いを比べるのは、はじめて!

もう目から鱗がボロボロおちて、今までで一番ためになりました。

舌の部位によって、甘さ、渋み、すっぱさと感じる味が違うから、ワイングラスの高さで、飲むときの首の角度を調整し、ワインの特徴に応じて舌のどの部分を通るか、口の中にとどまる時間を操作するということで、なんだか人間工学的!こういう話大好きー。

香りもグラスの形で全く違いました。香りが複雑なのに狭いグラスに閉じ込めちゃうと、強い香りで他の複雑な香りがマスキングされるということも実感しました。ポロポロポロ(←鱗が落ちる音)

季節に応じて飲みたいワインは違うけど、私は基本ピノノワールがすきです。レストランで飲むと複雑でおいしいと感じるのに、家で飲むとどうも味が微妙で2杯目に飲み進む気になれないときがありますが、それってグラスが悪かったのかもしれません。

すみません。。読んでる人にはウンチクに聞こえるかもしれず申し訳ないけど、そうじゃないのー。本当に感動したのですよー。グラスを使い分けないと、美味しいワインも美味しくなくなってしまう!!!って実感したから。

最後にカベルネ・ソーヴィニヨンを飲みましたが、それをどうでもよいグラスで飲むと、香りもしないし、鉛筆の芯のような味で、渋くて「まずい」。でもリーデルワイングラスで飲むと、渋みが全くなくなり、急に素敵な味わいになる。
香りもずっと持続していて、なんだか最後はバタースカッチのような・・何回もかぎました。

今ワインは価格が上がってるから、安いワインを美味しく飲むために、グラスにこだわるというのは経済的かも。

グラスの洗い方の指導もありこれもためになりました。私グラスをすぐ割ってしまうのです。ちゃんとしっかり持って大切に洗わなきゃね。
そうそう、酔っ払ったときに洗うな・・といわれました。そうか(笑)これ、すごく大切だ!

その後は、品川のポルトガル料理のお店マニュエル・シュラスケアに行きました。

カジュアルな店で料理もおいしかったです。豚とお豆の煮込みがとても美味しかった。あの味はレシピもらわないと記憶だけでは再現できないなぁ。

しかーし、ここで私たち3名は、職場の面白ネタに盛り上がりすぎて、せっかくお土産にもらった(セミナー受講料に含まれるのでもらったわけではない)リーデルワインセットを忘れて帰ってしまったのです・・・・。
ありゃりゃ。
[PR]
by rurulilac | 2008-07-12 09:51 | ワイン

今週のワイン

今週はなにかとアフター5に忙しかったので疲れちゃいました。(遊び疲れ・・・笑)

火曜日はRestaurant Sに行きました。田崎真也系列のお店です。
プリフィクスのメニューで、まあお値段もお手ごろ、そしてワインもすべて3990円というなかなか面白いシステムです。
お料理はイベリコ豚のほほ肉のワイン煮がおいしかったー!!
私結構ホロホロしたお肉が好きみたいです。

敷居が高い?という噂もあったのだけど、全くそんなことはなくて、ソムリエさんが親身にワインの特徴を説明してくて感じがよかったです。
ワインは一律3990円というわけなので、あっと驚く味はしなかったけど、それなりによろしかったです。また行きたいなぁと思いました。

さて、このワイン会のメンバーは、職場で美女だけどお高いかんじの先輩と、私のお友達との3名のワイン好きの会でした。ワインもお2人が詳しいので全部選んでもらいました。
この先輩、美しくて品があって、我々とプライベートな話をしてる分には非常に感じがよいのだけど、いかんせんいろんな人に嫌われています。
いろいろと初めてたくさん話したのだけど、人の見方そのものはそんなに間違えていないのです。だけど、なんというのかな、人間評価の柔軟性がないかんじ、きっと相手に対する許容量が狭いんだろうな・・・。

うちの職場にダメな人が多いからとおっしゃるんだけど、そうも思うけど、たぶんそれはどこの組織にいっても同じで、そんなに自分のめがねにかなう人があふれている職場はこの世になく・・・きっと、どの場所でもその許容量の狭さゆえに人に嫌われるんだろうと思いました。

自分への評価と、他人に対する評価がそれぞれ絶対的価値観すぎて、その両者がつながりがない・・つまり他人の気持ちになれず、客観的になれないんだろうなと思いました。

まあ、でも美人ってのは、そういう育ち方をしてきて許されるものだから仕方ないのかも。この人がそんな風になるのも仕方ないかな・・・と思ってしまいました。
まあ一緒にいて素敵だからその分プラスでよいのかな。

そして、水曜日は仕事のあとに職場近くのワイン試飲会へ。
北イタリアの「トラミン」特集ということでした。
特徴的な、ゲヴュルツトラミネールという葡萄を使ったワインは、前にお友達のお気に入りをいただきました。ライチのような独特の味、楽しくなるような明るいワインでした。
そしてこの日、試飲に供されたGewurztraminerは、前に飲んだものよりも少し複雑な味わいで、ハーブ、バラの香りが感じられました。

それも気に入ったのですが、私はスキアヴァ、ピノノワールを使った、T-Rossoが気に入り、それを買いました。
ピノノワールってたまに飲みたくなくなるけど、やっぱり好きみたい。

ぶどうといえば、シャルドネ、リースリング、フォーヴィニヨンブラン、ピノノワール、メルロー、シラー、カベルネソービニョン・・・・・とまさに代表的なものは、おおざっぱに味に想像がつくけど、まだまだたくさんのぶどうがあるわけで、いろいろちょっとずつ覚えたいです。
[PR]
by rurulilac | 2008-01-26 09:57 | ワイン

ICONIC ディナー編

☆ワインの説明に訂正あり☆

昨日は、結婚記念日(先週)と私の昇格祝い(だいぶ前)を兼ねて、銀座にお食事に行きました。

最近私の友達に学ぶのは、何か思い立てば、まず予約するということ。
予約すれば、それにあわせてスケジュールたてるしね。「行きたい行きたい」といって流れて行くのは計画しないからだー・・・とこれまでを振りかえり実行しました!

さてさて場所は、私が後半休のときによく行っている銀座ICONIC。
ランチしか行ったことがなかったのだけど、ここのキッシュは今まで食べた中で一番おいしかったし、パスタのソースのアイデアもとても斬新でおいしいので、ぜひ夜行ってみたかったんだよね。

*ICONC

*以前の日記

結果、とてもおいしかったし、お酒もソムリエーヌさんに選んでもらって、かなり満足しました。量は私にはちょうどいい。男の人には少ないかも?

メニューは
********************************
Rabbit rillettes, Provençale crudities, tapenade
うさぎのリエット 生野菜のスティックと共に

Chilled fedellini pasta, boutarga roe
冷製 カラスミのフェデリーニパスタ

Lobster risotto, sauce Amèricaine
オマール海老のリゾット クリュスタッセクリームソース

Roasted breast of Barbary duck, cep mushrooms, spiced jus
フランス産鴨胸肉のロースト ポルチーニ茸のソテー添え

☆New on the menu☆
Choice of dessert from trolley
お好みのデザートをワゴンより

Coffee or Tea
コーヒー 又は 紅茶
********************************

カラスミの冷製パスタはもちもちしてて冷たくておいしいし、鴨肉のローストは食べやすく鴨のアクみたいな味もしなくてソースととてもあっていて、あっという間に食べちまったよ。デザートはケーキは苦手なので、アプリコットのシャーベットにしたのだけど、すごくおいしかった!!!!!

そして、今回なんといってもおいしかったのがワイン。
すべてグラスにしたのだけど、どれもかなりおいしくて、調子に乗った私は、デザートワインのポートワインだけではあきたらず、カルバドスまで飲んでしまいました。

本当に幸せでした。強い酒を飲んでいるときに、ああ、私は本当にお酒が好きなんだなぁ・・としみじみ思います。そしていつもならここで二日酔いなのですが、なんと、二日酔いもしなかったのです。素晴らしい☆

1月22日からプリフィクスメニューもできるらしいので是非行きたいです。
系列店であるミッドタウンのボタニカはすごい混雑してるらしいのですが、ここは結構すいていて、それはそれで心配なのだけど、落ち着いててすごくお気に入りです☆

********************************
★ワイン

2005  St-Veran Cuvee Prestige Georges Duboeuf
白 複雑な味がするし余韻の香りもよいかんじ。

2003 Rully la Chaume Claudie Jobard
      赤 

2003 Chateau Godeau Saint-Emiliea
      赤 ボルドー ここらへんから正体がなくなったのか?おいしかったことは
      かなり記憶。

2003 Chateau Montus Modilin
      赤 フランス南西部 旦那が飲んだ。普段あまり飲まない葡萄をつかっている。
                   たしかタナットゥ種?
2003 Chateau Cantegril Sauternes

      旦那が飲んだデザートワイン


あれ?このワインメモはソムリエさんに書いてもらったのだけど・・・。さきほど2番目のを白と書いていたのだけど、白は旦那も私も同じのだったので、きっと2番目が赤だ。
ネットで調べたとき白っぽかったんだけど。。これがたぶん2番目に飲んだピノノワールだね。
ピノノワールはとげとげしさがなくて、2口目も、お料理とあわせても相当よかった。
こういうピノノワールを飲みたい!!

これに加えて、ポルトワインとカルバドスを飲んだのだー。よく飲んだなー。
こんだけおいしい酒を飲んだので、まさにお酒のせいでかなりお金はかかったけど、非常に満足でした☆
[PR]
by rurulilac | 2008-01-14 23:13 | ワイン