音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

音楽合宿2日目(後半)

2日目の夜

記録だし長いしマニアックだし・・・・・興味ある方だけ読んでください。



まずは最初のチーム。アレンジが難しい曲を選んでいる。
このバンドはセッションでドラムをたたいてくれた人がパーカスなのだが、これがまたすごいうまいんだわ。
キーボードもうまくて打楽器みたいなかんじでリズムがきれる。
私はどうも「リズム」ができる人に心うばわれるらしく、この女子にも恋をしてしまった。
そしてあのうまい女性ベーシストも登場していたが、音がでかくてまるで私が耳コピをするときのバランス(ベースをかなりあげたイコライジング)みたいな、大きさでおしかった。

次に旦那のチームの演奏を聞く。このチームは選曲がしぶすぎて苦労したみたいだけど、まあうまくまとまっていた。旦那はやっぱり場数の妙でそつなくこなしていた。

そしていよいよ私たちの番。へんてこな演出は・・・だったけど、まあ内輪ノリということで。
少し緊張したがこれが最後かぁと思うともったいない気がして緊張はとけていった。
1曲目(心の旅のパンクバージョン)も2曲目もまあまあなかんじだったかな。清志郎の「雨あがりの夜空に」をやったのだけど、この曲は演奏はミドルテンポなので、ボーカルにかかっている。本番はなかなかよかったと思うが、職場の前の上司がやったほうが絶対盛り上がったしうまかったと思った(笑)
3曲目、サンボマスターの「世界はこれを愛とよぶんだぜ」は、聴いててかなりよかったらしく、それもそのはず
演奏してる当の本人たちが、最も楽しかった。
ドラマーは1曲目は若干走りぎみでばらついてたけど、3曲目の世界は・・は、ほんとにすばらしくて、私のリズムも彼のドラムのキレを演出しなきゃ!!ってかんじで、弾いていて本当に幸せだった。
幸せすぎて、注意されたキメなくていいところを、キメてしまった。けど、次にこのフレーズが出てきたときは冷静になって大丈夫だった。
でも、やっぱりノリがとめられなくて、最後遅くしていくところをあわせられなかった・・・
くーっと思ってると、キーボードも、調子よく弾きすぎて最後遅くできず暴走したらしく、2人でへこんだ。

でもでもとっても楽しかった。

その後何曲かセッションをやった後、BONNIEを演奏した。
ここで私はボーカルだとまったくなにひとつ緊張しないことに気づいた。

思い返すと、やはり場数の問題のようだ。
キーボードは、高校で何回かやったけど、大人になってからは3回(しかも、この前のヨン様と7月のライブで2回)しか人前で弾いたことがない。
しかしボーカルは大学で何度もやってるし、声楽で2回、結婚式関係で4回、実は一番場数をふんでるのだ。
緊張する要素といえば歌詞の暗記だけだけど、今回暗記はいらないので、特に緊張する点はなし。
今後ベースも場数が増えれば実力を発揮できるだろうか?ちなみにベースは、今回で3回目。

WAO!はまあ雑なかんじだったけど、よっぱらってるし、セッションだしいいでしょう。もったいない点はいろいろあったけどね。

その後、いろいろとセッション曲があったが、山下達郎の曲をアコースティックアレンジしたセッションがあり
これがもーすごくよかった。
私が恋した女性ドラマーが歌を歌ってたんだが、それがまたニュアンスあってうまい・・そして、私のチームのドラマーがギターを弾いてて、これはプロ級・・・。彼はドラムよりもギターが専門らしい。
センスがいい人はなんの楽器でもうまいんだなぁ。

その後は、サザンなど思いついた曲をできる人がその場で弾いて、ほかの客も乱入してきたりして楽しかった。
21時すぎに開始したライブは25時に終了した。

ライブ後はお風呂で温まったあと、ぐだぐだ話して、外に出て天の川と明けの明星、夜明けを堪能して就寝した。4時か5時くらいだっただろうか・・・・・・。

今回、旦那には1つ忠告というかお願いをした。
旦那はオリジナル曲をライブに照準をあわせて、自分で作って練習するので、コピーをすることや即興でやるのが苦手だ。なので今回もBONNIEの曲、山下達郎の曲でコードがとれてなかった。
セッションだから適当でいい面もあるけど、こういうコードがきれいなことが特徴の曲なのに、ベースがコードがとれてないというのは、美しいコードを汚してとても残念なのだ。
実際、山下達郎の曲は、本当にうまい人がやってたので、ギターもコーラスも美しすぎて倒れそうだったのに、ベースが違うことが本当にもったいなかった・・・・。今考えてももったいない。
私がコードをとってあげるか、自分が弾けばよかった。

暗記で流すんじゃなくてそこだけでもコードメモを作ること!と進言。
音がちょっとぬけてごまかすことと、コードがとれてないことってまるで違うからね。
私はそれ以前の問題(初心者)だから、曲をやる前に完全に把握して挑むけど、なれた人ってセッションだと適当に弾いちゃうからね・・・。
これこそ、異文化交流で、普段はコピーをしない旦那が学んだことだったと思う。今日は、メモをとる・・とつぶやいていた。(最初は私に指摘されて反論してたけど、子供じゃないんだから改善すべきところはお互い指摘してとりいれなきゃだよ!!と説教したら納得した、笑)

そんなわけで、全体の感想に続く・・・今日はここまで。
[PR]
by rurulilac | 2009-07-20 23:37 | 音楽