音楽と花と美しいものをこよなく愛す*るる*の日常です。日記も兼ねているので、たまに根暗なことや精神論を書くと思いますが、適当に読みとばしてくださいね。


by rurulilac

音楽合宿1日目

f0005826_21283630.jpg


予告のとおり、連休は音楽合宿にいってきました。
以前書きましたが、私がピアノを習っている音楽教室の、エレキギターやらドラムやらのバンド系教室の生徒つながりバンドを組んでる人々が母体の組織による合宿です。
私は前にギターを習っていたときのクラスメイト(昨年のバンドのドラム)つながりで、ベースがたりないので参加しました。

ちょっと不思議な組織だったので、躊躇したのですが、人見知りよりも、連休がつぶれることよりも、土日の予定を調整する面倒くささよりも、何よりもベースが弾けるという情熱だけで参加したようなものです。
そういえば、前日に誕生会をした際に、そんな組織の合宿(という時間をかなり拘束される企画)に参加する私を信じられない・・という目でみるお友達もいて、確かに自分でもチャレンジャーだなと思いましたが、ベースは一人で弾けるものではないので、何かつながりを作っておくのが必要と思ったのです。
たまに不気味な行動力とチャレンジ精神を発揮します(笑)






結論は・・・意外に「行ってよかった」すごく勉強になったし、心あらわれた!!
そして、ベースがたりなくて巻き添えになった旦那もみんなの人のよさと音楽がすきな気持ちに心があらわた!!と同じ感想でした。

こんな企画はめったにないので、記録の意味でやったことなどを書いてみます。

7月18日(土)1日目
猫をペットホテルに預け(家をあけるというのは、これもあり面倒なのだ)、急に壊れたipodをリセットしたり、音源の準備をしたりして、出発するまでが本当に大変だったが・・いざ九十九里に出発!
予定どおり16時に現地に到着。
現場は写真のように海がみえ、ほんとーに辺鄙なところにあるまさに音楽合宿所。8人の女子部屋にとおされ、久々にみた二段ベッドなるものの上にあがる。合宿所は、スタジオと食堂と寝る部屋と共同のお風呂とトイレといたってシンプルな合宿所。
まるで大学のときの音楽サークルの合宿みたいでなんだかなつかしかった。

到着後は夕食まで暇なので、個人練習。二段ベッドの上にベースをあげてしばし練習。
夕食後は普段バンドを組んでる人たちのライブ演奏を聞く。
昔の歌謡曲だったので最初は不思議な選曲だと思っていたけど、うまいとなんでも聞かせるもんで・・・いやー・・・・特にベースの女子はベース歴5年くらいなんだけど、確実ですごい。リズムのきれがすごい!!期間じゃないね・・・。
小学生のときに大好きだったH2Oの思い出がいっぱいなんかもやっていた。

そして、その後は、チームにわかれて、2時間の練習。
2週間前に1度あわせたので様子はわかっているが、その練習時間には1日だけ参加のベテランの人がはいって指導してくれる。ベースをほめてくれてありがたかった。(ほめられてのびるタイプ)
この人のおかげと、みんな慣れてるので進行や雰囲気は問題なく進んだ。
8ビートの低いほうの音がちょっと苦手だけど1回目よりは弾けるようになったかんじ。
みんなは譜面を見て弾いてるが、私は記憶なので構成がなかなか頭に入らない。細かいところがわからなくてちょっとみんなに悪かった。
それにしても、やっぱりドラムがうまい。センスがあるっつーのはこういう人のことを言うんだなと思う。
ドラムを見すぎで自分の弾くのがとんでしまうくらいうまいんだなぁ。今回の私の高揚はこの人によるものが大きい。
同じチームのエレキギターの女の子は小さいのに、きちんと音をだして弾ける。自分はギターを弾くとき手が小さいからうまくできないと言い訳するが、その言い訳は通用しないと反省した(汗)この子もライブをやった人と同じく5年くらいなんだけどすごいなぁ。
自分のベースは、うまいベース女子の演奏を聴いたあとなので、まだまだなぁ・・と思う。特にドラムがうますぎるので余計に。

練習後はだらだら飲んでいたら、呼び出されて別スタジオでセッション曲の練習。
みんな飲んでへらへらしながらやってるのに、演奏はばっちりで面白かった。そのドラマー次の日たたいた曲を覚えてなくてこれまた驚愕。
2時くらいまで練習して、私は眠さに負けて退散。

こうして、いつもは10時から11時に寝る私が2時まで練習して寝るという大学生みたいな夜をすごし、1日目は終了した。
[PR]
by rurulilac | 2009-07-20 21:28 | 音楽